米ドルの動きを左右する経済指標(アメリカ)

FX ファンダメンタルズ分析とは

アメリカ経済で世界は動く!?

米国経済指標為替は2国間の通貨の交換レートの変動です。つまり海外の動向も無視できないようになっているのです。

その中でもアメリカ経済は、世界経済に多大な影響を及ぼします。

そこで、アメリカの経済指標にも注目したいところです。アメリカの金融政策を決定するのは「FOMC(連邦公開市場委員会)」です。

年8回、およそ6週間おきに委員会が開かれ、そこで金利やマネーサプライといった金融政策が決定されます。

特に政策金利である「FFレート」の水準は、為替に多大な営業を与えます。

事前の市場の予測もチェックする

米国経済指標世界中から注目されるFOMCの金融政策を左右するアメリカの経済指標には、「非農業部門雇用者数(NFP)」「ISM製造景況指数」「鉱工業生産指数」「住宅着工件数」などがあります。

アメリカには、為替に影響を与える経済指標が100はあるといわれます。

とくに、注意しなければならない、市場が事前に予想した数値と、実際に発表された数値との乖離が重要ということです。

乖離が大きければ大きいほど、サプライズとして為替が大きく動くのです。

 

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。