【金利UPの可能性アリ】豪ドル/円の見通し・今後の予想は?

豪ドルの為替見通しは?

かつてはスワップポイント目的でFXトレーダーに人気だった豪ドルですが、近年は徐々に人気が下降気味。

スワップポイントとは2国間の金利差調整分として付与される利子のようなものなのですが、オーストラリアの中央銀行RBA(Reserve Bank of Australia)によって政策金利が年々利下げされているのが原因です。

ただし、野村證券はオーストラリアが2019年2月に利上げする可能性も指摘しています。

利上げされて豪ドル高になる前に、スワップポイントが高いFX会社で保有しておくのもひとつの手ですよ。

今回は、豪ドルの特徴今後の見通しまで徹底解説します!

豪ドル/円(AUD/JPY)の為替チャート【5分足】

豪ドル/円(AUD/JPY)のリアルタイムチャートです。左上の「Menu」で1分足~月足まで調整できますよ

豪ドル(オーストラリアドル)の特徴は?

豪ドル(AUD)の特徴

オーストラリアの通貨、豪ドル(オーストラリアドル)。

オーストラリアは日本で「豪州」の略称で呼ばれているため、通貨も豪ドルと表記されています。

豪ドルの通貨コードは「AUD」。FXの取引画面でもAUDのアルファベット3文字で表示されていますよ。豪ドル/円の表記は「AUD/JPY」です。

オーストラリア 政策金利の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年7.257.50
2017年5.756.256.506.506.757.007.007.007.007.007.007.25
2016年3.253.753.753.753.754.254.254.254.754.755.255.75
2015年3.003.003.003.003.003.003.003.003.003.003.003.25

オーストラリア政策金利は、2011年から0.25~0.5%ずつ利下げされ続け、2018年3月現在の利率は1.50%

逆に利上げされ続けてきたアメリカの政策金利と同じ利率となっています。

スワップポイント目的では人気が落ちていますが、為替差益を目的としたトレードでは未だ人気の通貨です。

なぜ豪ドルは利下げが続いているの?

利下げが続いている主な原因は、景気の悪化

オーストラリアは天然資源が豊富な国なのですが、その資源価格が下落しているのです。

ただし、オーストラリアの経済全体は26年連続で成長し続けています。

26年連続での経済成長は、世界最長記録なんですよ。

こうした経済状況も含め、オーストラリアはどんな国なのかを見ていきましょう!

オーストラリアってどんな国?特徴・経済動向は?

豪ドルはオーストラリアの通貨

オーストラリア(オーストラリア連邦)は、インド洋や太平洋に囲まれている国。

オーストラリア大陸やタスマニア島など多数の島から成り、南東2,000km先にはニュージーランドがあります。

オーストラリアの総面積は、世界で第6位!日本の面積の約20倍あるのですが、人口は日本の6分の1ほどです。

観光地として人気!日本からは飛行機で約7時間

オーストラリアの観光地としては、エアーズロック(世界最大級の一枚岩)やグレートバリアリーフ(世界最大のサンゴ礁地帯)が有名ですね!

日本にとっても人気の観光地&留学先。オーストラリアは、日本が初めてワーキング・ホリデー協定を締結した国でもあります。

日本(成田)からオーストラリア(ケアンズ) までは、飛行機の直行便で約7時間です。

近年では逆に、オーストラリアからウインタースポーツ目的で来日する観光客も多いんですよ。

日本とオーストラリアは政治面の連携も強化していて、全体的に良好な関係性を築いています

日本&オーストラリアは互いに主要輸出入相手国

オーストラリアは世界有数の資源大国。石油ガスや石炭、鉄鉱石(鉄の原料)、ボーキサイト(アルミニウムの原料)などを輸出しています。

そして、日本とオーストラリアは互いに主要輸出入相手国

オーストラリアから日本へは、石油や天然ガス、金属鉱、牛肉などを輸出。

逆に日本からオーストラリアへは、自動車や鉱物性燃料、衣類、家具などを輸出しています。

オーストラリア側から見た主要貿易相手国は、以下の通りです。

オーストラリアの輸出相手国

  1. 中国(28.8%)
  2. 日本(13.4%)
  3. アメリカ(7.0%)

オーストラリアの輸入相手国

  1. 中国(18.2%)
  2. アメリカ(13.6%)
  3. 日本(6.4%)

(2015年暦年、出典:外務貿易省統計)

中国&ニュージーランドとも関係が深い

オーストラリアの経済

中国は1番の輸出入相手国

上記のオーストラリアの輸出入相手国を見ても分かるように、オーストラリア経済は、中国経済とも結びつきが強いのが特徴です。

ただし、近年は中国経済の成長が減速しているため、豪ドルの為替レートへの影響が危惧されています。

2017年の中国の経済成長率は6.9%で、10年ぶりの加速となりました。しかしながら、2018年は6.50%に減速するという見通しも報道されています。

経済成長率 = (当年のGDP – 前年のGDP) ÷ 前年のGDP × 100

ニュージーランドの経済指標もチェック!

豪ドルは、ニュージーランドの通貨NZドルと同じような値動きをすることが多いのも特徴。

過去の豪ドル&NZドルの為替チャートを照らし合わせてみると、ほぼ同じタイミングで値動きしていることが分かります。

豪ドルの動向を予想する際は、ニュージーランドの経済指標もチェックしておくと役立ちますよ。

豪ドル/円(AUD/JPY) 為替レートの推移をチェック!

豪ドル/円 【過去10年間】の為替チャート

豪ドル円過去10年

上の為替チャートは、豪ドル/円の過去約10年間(2008年1月~2018年3月)のもの。

以下のタイミングで大きな変動がありました。

①世界金融危機(2008年9月~)
⇒2008年9月のリーマン・ショック以降、世界的な金融危機に陥りました。2008年10月24日には、史上最安値の1豪ドル=55.02円を記録。

アメリカ「量的金融緩和政策」(2008年11月~)
⇒アメリカが3度に渡り、量的金融緩和政策を実施。量的金融緩和とは、景気対策として紙幣が多く出回るようにする政策のことです。

  • ②-1…量的緩和第1弾(QE1) 2008年11月~2010年6月
  • ②-2…量的緩和第2弾(QE2) 2010年11月~2011年6月
  • ②-3…量的緩和第3弾(QE3) 2012年9月~2014年10月

アメリカ「量的金融緩和政策」縮小(2014年1月~)
⇒2014年1月からアメリカの量的金融緩和政策が段階的に縮小され、2014年10月に量的緩和第3弾(QE3)の終了が決定しました。

④~⑦については、チャートの2015年~2018年の部分を拡大して見てみましょう!

豪ドル/円  【過去3年間】の為替チャート

豪ドル円過去3年

こちらは過去約3年間(2015年1月~2018年3月)の豪ドル円の為替チャートです。

中国の株価が大暴落(2015年6月~)
⇒中国の経済成長が減速し、2015年6月には中国の株価が大暴落しました。この大暴落を発端として、2015年8月には世界中で同時株安が発生。中国と経済的に結びつきが強いオーストラリアも大きな影響を受けました。

原油価格が下落(2016年2月~)
⇒記録的な原油安によって、資源大国であるオーストラリアの為替レートも下落しました。

アメリカ大統領にトランプ氏が就任(2016年11月~)
⇒ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任。アメリカの株高が進み、豪ドルの為替相場も上昇しました。

⑦資源価格の回復(2017年7月~)
⇒資源価格の回復や資源国の利上げなどが重なり、2017年7月に1年7か月ぶりの高値となりました。

⑧NYダウ大暴落(2018年2月~)
⇒2018年2月、NYダウが大暴落。米ドルだけでなく、数多くの外貨が暴落しました。

【解説動画】豪ドルの特徴&2015年~2016年の豪ドル/円の推移

M2TV:【豪ドル/円は、どこまで下がるのか?(出演:八代和也)】

こちらはマネースクウェア・ジャパン(M2J)のYouTube動画です。豪ドルの特徴2015年~2016年の為替動向について解説してくれていますよ

豪ドル/円(AUD/JPY) 今後の見通し・予想は?

豪ドル円の見通し・予想

FXトレーダーにとって気になるのは、やはり豪ドルの今後の「予想レンジ」と「政策金利」ですよね。

野村證券のホームページにて詳しく解説されていましたので、引用して紹介します。

2018年末の予想レンジは「1豪ドル=84.7円」

野村證券は2018年3月12日、2018年末の為替相場を「1豪ドル=84.7円」と予想しています。

資源価格の安定化や豪州景気の底堅さを踏まえると、豪ドルの下値リスクは限定的とみられます。

対円では、日米金利差の拡大を背景に、豪ドル相場は比較的底堅く推移するでしょう。

ただし、豪州経済の回復傾向が鮮明となるまでは、本格的な豪ドル高局面入りするのは容易ではないでしょう。

野村證券では、2018年末のドル円予想を円高方向に変更したため、同年末の豪ドル相場予想を84.7円とします。

2019年2月に政策金利UPの可能性も!

さらに、オーストラリアが2019年2月に利上げする可能性も指摘しています。

RBA(豪州準備銀行)は2018年3月6日の金融政策会合において、17会合連続で政策金利を1.50%に据え置くことを決定しました。

RBAは、賃金上昇率に持ち直しの兆しがみられるまでは、金融緩和を継続する方針とみられます。

野村證券では、2018年末まで政策金利は現行の過去最低水準に維持されると見ています。

その後、基調インフレ率の緩やかな加速を受けて、RBAは2019年初回(2月)の会合で利上げに転じると予想します。

引用元:野村證券

スワップポイント目的で豪ドル保有してたんだけど、もうそろそろ決済しちゃおっかな~」という方も多いかと思いますが、もし本当に利上げされるのであれば今このタイミングで手放しちゃうのはもったいない気がしますね!

利上げの可能性を探るには、オーストラリアの消費者物価指数(CPI)をチェックするのがおすすめ!

一般的に、消費者物価指数(CPI)が上昇するとインフレ率が上昇。そしてインフレ率が上昇すると、通常では利上げをする可能性が高いのです。

また、利上げされて豪ドル高になる前に、スワップポイントが高いFX会社で保有しておくのもひとつの手ですよ。

スワップポイントで比較!豪ドル/円でおすすめのFX会社

各FX会社のスワップポイントを比較した表です。
一番上のタブをクリックすると、各通貨ごとスワップポイントが高い or 低い順に並び変わりますよ。

受け取れるスワップポイントは日々変動していきますが、「DMM FX」や「YJFX!」、「GMOクリック証券」の3社は業界最高水準のスワップポイントを保ち続けていておすすめですよ。

サポートも充実!「DMMFX」

豪ドルでおすすめのDMMFX

まずは日本国内のFX口座数第1位の「DMMFX」!

スワップポイントが高いだけでなく、スプレッドもFX業界で最狭水準です。

スプレッドとは?

スプレッド」= FXの実質的な手数料のこと。スプレッドが狭ければ狭いほど、利益が出しやすくなります。

スプレッドとは?FX初心者が大損しないための超重要ポイント2018.02.28

カスタマーサポートも充実していて、電話やメールはもちろんのことLINEでの問合せもOK

ちなみに、このLINEでの問い合わせはFX業界初です。

サポートが充実しているのは、FX初心者~中級者にとっては特に嬉しい点ですよね。

1000通貨単位で取引可能!「YJFX!」

豪ドルでおすすめのYJFX!

YJFX!」は、「Yahoo!メール」や「ヤフオク!」などでお馴染みのヤフーグループが運営しているFX取引サービス。

1000通貨単位での取引も可能で、小額から豪ドル/円のトレードができますよ。

「YJFX!」のスマホアプリCymo(サイモ)は、操作性やデザイン性も抜群!アプリのダウンロード数は25万を達成しました。

また「YJFX!」では、FX取引するとTポイントが貯まるキャンペーンも定期的に開催されています。

FX取引高 世界第1位!「GMOクリック証券」

豪ドルでおすすめのGMO

そして最後に「GMOクリック証券」!

GMOインターネット株式会社のグループ企業で、FXの取引高は6年連続(2012年1月~2017年12月)で世界第1位です。

「GMOクリック証券」は南アフリカランドトルコリラなどの高金利通貨も取り扱っていて、豪ドル/円以外の通貨ペアでのスワップポイントにも定評があります。

低スプレッド&高スワップ!【GMOクリック証券】の評判は?2018.03.20

豪ドル(オーストラリアドル)まとめ

【おまけ】豪ドルの為替動向を動画で学ぶ!

日経CNBC:【マーケッツのツボ 「今から始める豪ドル投資」】

日経CNBCのYouTube動画です。豪ドル投資の注意点などについて学べますよ

用途別オススメFX会社

初心者デイトレスワップ収入自動売買

5年連続No1! 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。 *5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で60万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFXのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

GMOクリック証券のホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で60万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFXのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

GMOクリック証券のホームページ

5年連続No1! 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。 *5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で60万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFXのホームページ

5年連続No1! 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。 *5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

GMOクリック証券のホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ

5年連続No1! 初心者にお勧め「インヴァスト証券」

インヴァスト証券

インヴァスト証券が提供する自動売買システムは売買プログラムを選んでボタンを押すだけの簡単操作。

プログラムの数は業界最多の500種類以上!

FXを知らなくてもプロのようにFXができます。

FXの知識がなくてもプログラムさえ選んでしまえば、後はシステムが自動的に売買を繰り返してくれます。

インヴァスト証券は売買システムごとの過去の利益(pips)と収益率が見れるので利益が出ているシステムを選ぶことができます。

インヴァスト証券のホームページ