FXに潜む9つのリスクとその対策!損を減らし勝率を上げる方法

投稿日:

FXに潜む9つのリスク

FXって危険じゃないの?

FXのリスクを理解しよう「FXって危険じゃないの?」

「結局ギャンブルなんでしょ?」

これからFXを始めるにあたり、こんな疑問もあるのではないでしょうか。

FXはギャンブルではなく投資です。

しかし、投資にはリスクが付いてまわることも事実です。

重要なのはそのリスクに対し、きちんと理解をしてどう対策していくかです。

今回はFXに潜むリスクとその対策について、詳しく紹介していきます。

リスク管理の徹底は、FXで成功するための鍵といってもいいほど大切なことです。

ぜひこの記事を参考にして、リスク管理ができる勝ち組トレーダーを目指してくださいね。

[toc]

FXが危険だと言われるのは何故?リスクがあるから?

FXのリスクは本当に危険なのか「FXで投資活動を行っている」と人に言うと、「危険だからやめておいた方がいい」と言われることが多くあります。

これはFXをギャンブルのように捉えているからでしょう。

もしくは、確実に稼げるという保証が持てないからという考えから来るのかもしれません。

特に日本バブルの崩壊を経験した年配の方は、投資話に騙された話や会社の倒産、銀行の破綻を見たり聞いたりしているため、FXに対してもあまり良いイメージがないのでしょう。

しかしこのようにFXの危険性を訴える人のほとんどは、FXの基礎的な知識すらありません。

メージだけで意見をする人の話は、鵜呑みにしないようにしましょうね。

どんな投資にもリスクはつきもの

FXにもリスクはつきもの投資にはリスクがつきものです。

100%すべてが上手くいったり、リスクが全くない投資というものは存在しません。

FXも例外ではなく、複数のリスクが伴う投資活動です。

上手に資産運用するためには、そのリスクがあることを十分に理解しておく必要があるのです。

FXで成功するにはリスクコントロールが必要

FXのリスクはある程度コントロールできるFXで成功するためには、リスクコントロールが必須です。

一切リスクを考えずに取引するのであれば、それは投資ではなくギャンブルです。

勝てる投資家は必ずリスク管理をしています。

むしろ、リスク管理を徹底しているからこそ勝てると言っても過言ではありません。

FXに潜むリスクをきちんと把握しコントロールすることで、勝率を上げていくのです。

ギャンブルトレードでは運良く1、2回勝てたとしても、その後も勝ち続けていくのは難しいでしょう。

しかも一回で全資金を溶かしてしまうような大損をする危険性すらあります。

重要なのはどんなリスクがあるのか、またそれに対しどういう対応をすればいいのかを、しっかりと理解することです。

FXのリスクは回避や軽減できる

FXのリスクは回避したり軽減したりできるリスクはその要因を知ることで、回避したり軽減したりすることができます。

つまりリスクは「絶対に避けて通れない危険」ではないということです。

リスクはひとつだけではなく複数ありますが、それぞれに原因と対策があります。

的確に対処し、FXで最も重要な「損小利大」を実現させましょう。

ちゃんとリスクを理解し、管理することが重要なのね!

リスクがあるからって、投資を諦める必要はなさそう。

そうよ!

リスクは対策をしっかり行えば、そんなに怖いものでもないわ。

FXに潜む9つのリスク!

FXに必ず伴うリスク9つFXには次のようなリスクがあります。

  1. 為替変動リスク
  2. 金利変動リスク
  3. レバレッジリスク
  4. ロスカットリスク
  5. 流動性リスク
  6. スリッページリスク
  7. 相対取引リスク
  8. システム障害リスク
  9. 信用リスク

FXでは主に、これらのリスクが常に伴います。

これからそれぞれの原因と対策を説明しますので、是非参考にしてみてくださいね。

FXでは絶対に伴う!為替変動リスク

FXの為替変動リスク為替相場は、必ず自分が想定した値動きになるとは限りません。

自分の想定とは全く逆の動きをすることもありますし、短期間で激しく動くこともあります。

このような為替変動リスクは、FXをやる上では必ず伴います。

例えば米ドル円を取引するとして、1ドルが120円のときに、今後も価格が上がるだろうと予測し、1,000通貨買ったとします。

そうすると12万円分の米ドルを保有していることになりますよね。

ところがその後しばらくして、自分の予測とは反対に価格が下がって行き、1ドルが100円になってしまいました。

そうすると100円×1,000通貨=10万円です。

最終的に10万円−12万円=−2万円となるので、2万円の損失が出たということになります。

このようにレートが変わると、自分の予想通りだったら儲けることができ、予想通りに動かなかったら損失になってしまうのです

ロスカット設定で回避しよう

FXの為替変動リスクはロスカットで回避できる為替変動リスクを回避・軽減させるためには、まずはしっかりと相場の分析を行うことです。

しかし分析をしたからといって、必ず勝てるわけではありません。

そこで大損をしないために、「これ以上予想と逆の方向に動いたら強制決済する」という設定を常に行うようにしましょう。

ロスカットの設定をしておけば、それだけで大損を回避することができます。

FXでは損失を最小限に抑えるということが重要です。

それを守るためにも、ロスカットの設定を必ず行なってください。

このリスクはしっかり知っておかないといけないわね。

FXをする以上、この為替変動リスクはしっかり対策をしておくべき!

為替変動リスクはもう仕方ないこと。

だって変動しなければ利益を狙うこともできないもの。

マイナスに要注意!金利変動リスク

FXの金利変動リスクFXでは為替差益の他に、金利差による利益であるスワップポイントをもらうことができます。

このスワップポイントを狙った運用で重要なのが、取引する通貨の国の政策金利です。

基本的には低金利通貨を売って高金利通貨を買うことで、プラスのスワップポイントを得ます。

ところがこのスワップポイントは、金利が変動するとプラスだったものがマイナスに転じるということがあるんです。

マイナスのスワップポイントということは、こちらが支払わなければならないということです。

スワップポイントはプラスなら毎日得ることができますが、マイナスだったら反対に毎日損失が出てしまいます。

例えば政治的に不安定な国だと、急落するリスクがあります。

新興国の通貨は高金利てあることも多いですが、それと同時に不安定でもあるのです。

[kanren postid="703"]

安定性の高い国の通貨を選んで回避

FXの金利変動リスクは安定性の高い国の通貨を選んで回避高金利通貨は、スワップポイントが高水準であるため非常に魅力ではありますが、安全性を重視するならば、それよりも国の安定性をみましょう。

例えばメキシコやトルコなどの通貨は高金利で有名ですが、新興国でもあるため安定性に不安が残ります。

メキシコやトルコほどではないにしろ、高金利通貨である豪ドル(オーストラリア)などは安定性が高く、損をするリスクが少ないと言えます。

スワップポイントを狙った取引をする場合は、安定性を考慮し、慎重に通貨ペアを選ぶようにしてくださいね。

FXの魅力だけど使い方を間違うと大変!レバレッジリスク

FXのレバレッジリスクレバレッジは証拠金の何倍もの金額で取引ができる仕組みで、国内では最大25倍までレバレッジを効かせることができます。

このレバレッジの仕組みがあるからこそ、FXは少額から始めることができます。

例えば1ドルが100円のときに1万通貨欲しい場合、通常100万円の資金が必要ですよね。

しかしレバレッジを25倍に設定すれば、たったの4万円で100万円分の取引ができるのです。

ところがレバレッジは、高く設定するほどリスクも大きくなってきます。

[kanren postid="684"]

レバレッジ最大で取引した場合の例

FXのレバレッジリスクの例例えば、以下の条件で米ドル/円を取引するとします。

  • 証拠金:10万円
  • 1ドル:100円
  • レバレッジ:25倍

レバレッジを25倍に設定しているので、最大で250万円分の金額で取引ができます。

ところがこの場合、レートが4%下がっただけで資金はゼロになってしまいます。

250万円×4%=10万円

250万円-10万円=240万円

つまりこの取引では240万円になってしまったら、資金が全部なくなるということです。

為替レートで言うと、100円×4%=4円となるので、1ドルが96円まで下がった時点で全資金がなくなり、96円よりもさらに下がるとマイナス、つまり借金になるということです。

レバレッジを低く抑えて回避しよう

FXのレバレッジリスクは低レバレッジで回避レバレッジのリスクは、単純にレバレッジを低く抑えることで回避できます。

高くてもレバレッジを3倍に抑えておけば、大損するリスクは避けられます。

また証拠金を2倍以上用意したり、レバレッジを高く設定しても取引量を増やさなければ、レバレッジのリスクは軽減されます。

FXはロスカットされないことが基本!ロスカットリスク

FXのロスカットリスクロスカット証拠金以上の損失を出さないようにするための仕組みです。

証拠金維持率が一定の水準にまで下がると、システムが強制的に決済します。

つまりロスカットは借金リスクを回避してくれる仕組みなのです。

ところが、このロスカットのシステムは完璧ではありません。

相場の急変時にはこのロスカットが間に合わず、想定を超える損失を出してしまうこともあります。

ですのでロスカットがあるからといって、証拠金以上の損失は出さないと思ってリスク管理を怠ると、大変な目にあってしまいます!

[kanren postid="821"]

損切りを徹底して回避

FXのロスカットリスクは損切りで回避ロスカットリスクを回避するためには、損切りを行うことです。

損切りとは、利益にならないポジションを自ら決済し損失額を確定することです。

あらかじめ自分で損切りポイントを決めておき、そのポイントに達したら潔く損切りをしてしまいましょう。

これも損失額を最小限に抑えるという点において、非常に大切なことです。

勝てる投資家は、皆この損切りを徹底しています。

損切りを徹底することで必要以上の損失を抑え、トータルでプラスになるようにしているのです。

基本的には強制ロスカットは避けるべきことよね。
ロスカットされるような水準で取引をしているのは、投資家としては致命的ね。

完璧に損切りができるようになりましょう!

取引量が少ないと思うようにいかない?流動性リスク

FXの流動性リスク流動性が少ない、つまり取引量が少ない通貨ペアは、以下のようなリスクが起きやすくなります。

  • 注文や決済ができない
  • スプレッドが広がる

取引量が少ないことから、買いたいのに買えない・売りたいのに売れないといったようなことが起きます。

またスプレッドも広がりやすく、思ったレートで売買が成立しないこともあります。

流動性のリスクは、マイナー通貨であるほど高くなるということを覚えておきましょう。

メジャーな通貨ペアで回避

FXの流動性リスクはメジャーな通貨ペアで回避米ドル、ユーロ、 英ポンド、日本円、スイスフランなどは流動性が高く、メジャーな通貨です。

その逆に流動性の低い通貨は、豪ドル、NZドル、トルコリラ、南アフリカランドなどです。(高金利通貨でもあるのですが。)

そのため流動性リスクを回避するためには、メジャーな通貨ペアで取引をするようにしましょう。

取引量が多い通貨ペアならばスプレッドも広がりにくく、スリッページも比較的発生しにくいという特徴があります。

FXで厄介なのは提示価格と実際との相違!スリッページリスク

FXのスリッページリスクスリッページとは、提示された価格通りに取引が成立しないということです。

例えば1ドル=100円で注文したはずなのに、実際には100.3円で約定されていたということがあるのです。

特に為替レートが急激に変動したときは、実際に売買されている為替レートがかい離することがあり、取引画面に表示されているレートと相違ができてしまうことがあります。

そういった場合、不利な為替レートで取引が成立してしまうのです。

約定力の高いFX会社で回避

FXのスリッページリスクは約定力の高いFX会社で回避スリッページリスクを回避するためには、約定力の高いFX会社を利用するようにしましょう。

約定力とは、提示された価格通りに取引が成立する力の大きさを表します。

約定力はFX会社のホームページで提示されていることもありますが、全ての会社で提示されているわけではありません。

もしホームページで約定力の記載が見当たらなければ、直接問い合わせてみたり口コミを読んでみると良いでしょう。

FXのレートは業者が決めている?相対取引リスク

FXの相対取引リスクFXは取引所取引ではありません。

取引所取引とは、証券取引所で行われる取引のことを言います。

つまりFXは、最終的なレートは市場の状況ではなく、業者が決めているということです。

FX会社が提示する為替レートは、FX会社が複数の金融機関の為替レートを参照し、独自に作成しているものなのです。

そのため取引所取引とは違い、FX会社ごとにレートが異なってきます。

またFX会社によっては、正確な為替レートが配信されていない可能性もあり、その場合損失を被ってしまうこともあります。

国内のFX業者なら心配なし

FXの相対取引リスクは国内の業者を使っていれば心配なし相対取引リスクは、国内のFX会社であればさほど心配する必要はありません。

なぜなら国内のFX会社は金融庁の厳しい管理下にあり、極めて安全な取引をしているからです。

金融庁に登録していないような外国のFX会社などは選ばないようにし、国内のFX会社を利用していれば安心です。

FXで取引ができなくなる!システム障害リスク

FXのシステム障害リスクFXは主にパソコンやスマホなどを使い、インターネット上で取引をしますよね。

その使っている端末やインターネット回線のトラブルなどの、システム障害リスクがあります。

もしそのようなトラブルが起こった場合は、その間取引ができなくなり、為替が大きく動いた場合は、利益を逃したり大きな損失を出してしまう恐れもあります。

またFX会社のシステムがダウンして取引ができなくなることもあり得ます。

FX会社側のシステムがダウンしてしまえば、こちらの端末やインターネット環境が問題なかったとしても、取引ができなくなってしまうのです。

システムの強さやストップロスで回避

FXのシステム障害リスクはストップロス注文で回避突発的な不具合は避けようがありませんよね。

もし自分の端末やインターネットで不具合が起きた時のために、ストップロス注文を入れておくことが効果的です。

ストップロスとは損切りのことで、予め「損失はここまでにしておこう」と決めておく注文を入れるということです。

またFX会社側のシステムが強固なところを選ぶということも大切です。

国内のFX会社は安心!信用リスク

FXの信用リスクもしFX会社や、FX会社が提携している銀行が破綻してしまった場合、自分の預けている資金がどうなるのか心配ですよね。

現在国内のFX会社は信託保全というシステムが義務付けられており、FX会社や銀行が破綻したとしても,預けている顧客の資産は安全に返ってくるようになっています。

FX会社や銀行の破綻は考えにくいことではありますが、絶対にないという保証はありません。

また国内のFX会社なら信託保全があるので安心できますが、金融庁の管轄になっていない海外のFX会社はオススメできません。

何か問題が起きたときに逃げられてしまうこともありますし、全て自分で対応しなければならず、手間もかかり難しいです。

[kanren postid="1194"]

信用力の高いFX会社を選んで回避

FXの信用リスクは国内の業者であればさほど気にしなくてOKまず海外のFX会社は利用しないようにしましょう。

また国内のFX会社では、破綻しないようなところを選ぶということがポイントです。

破綻しても資金は返ってきますが、それまでの手続きは時間もかかり面倒なものです。

そのため利用するFX会社が、業界全体で信頼されているのかどうかをよく調べてみましょう。

業界大手であるDMM FXGMOクリック証券といったFX会社は、非常に信用力が高いです。

国内のFX会社の中でも、特に大手は信頼性が抜群よ!
海外のFX会社は国内で出来ないことが出来たりするけれど、特に初心者は危険だから利用するのは避けましょう。

安全第一に考えてFX会社を選びましょうね。

FXで最も有効なリスク軽減方法とは?

FXで最も有効なリスク回避方法は2つFXを行う上で最も重要なリスク管理は、低レバレッジで取引を行うことと、証拠金を2倍ほど用意しておくことです。

まずレバレッジですが、先ほども説明したように高く設定するほどリスクも高まります。

レバレッジをかけ過ぎた取引は、一発で退場になってしまう恐れもあります。

そのため特に初心者の方は、レバレッジを1~3倍程度に抑えておくようにしましょう。

レバレッジを抑えた上で、さらに証拠金を2倍程度用意しておけば安心です。

よほど変なことをしない限り、この2つのリスク管理をしておけば大損をすることは避けられます。

FXではトータルでプラスになることが大切です。

この2つのリスク管理を徹底し、コツコツと利益を積み上げていきましょう。

間違ってもレバレッジを高く設定して証拠金のギリギリで取引し、一発逆転を狙うということは絶対にしないでくださいね。

少額から始め少しずつ慣れていこう

FXのリスクは少額で始めることで抑えることができるいきなり大きな金額を投入するよりも、まずは少額で少しずつ慣れていくようにしてください。

全く実践経験のないうちに大きな金額を入れてしまった場合、大損することになればFXから退場どころか、戻って来れなくなってしまうこともあります。

初めは数千円程度の投資から始め、慣れていくにつれて徐々に投資金額も上げていくようにして行ってくださいね。

FX会社を選ぶ際も最低取引単位が1万通貨単位のところよりも、1,000通貨単位のところを選ぶようにすると良いでしょう。

完璧なリスク管理はFXのプロにとっても難しい

FXのプロでも完璧なリスク管理はなかなかできないいくらリスク管理を行なっていても、次のトレードで勝てるかどうかはプロでも予想するのは難しいことです。

「資金管理さえしっかり行えば利益は積み上がっていく」と言われるくらいFXでは大切なことですが、完璧なリスク管理は、初心者はもちろんプロにとってもなかなか難しいのです。

リスク管理は知識を得るよりも、実践を重ねていく上で経験的に学んでいく方が良いかと思います。

リスク管理をする上で重要な心構えは、「目先の利益よりも損失を以下に抑えるか」ということです。

特に初心者は利益ばかりに目が行きがちですが、勝てるトレーダーを見てると、いかに損失を最小限に抑えるよう努力しているのかが見えてきますよ。

プロでさえ常に冷静さを保つことは中々できない

FXのプロでもリスクに翻弄されることもあるFXは精神面が非常に影響します。

どんなに経験を積んだプロでも、全くの無心で取引を行えるという方はなかなかいないでしょう。

たくさん取引をしていく中で連敗が続くこともあるでしょうし、そんなときは冷静さを欠いてしまい、間違った判断をしてしまうこともあるかと思います。

もし完璧なリスク管理の方法があるとして、それがノウハウとして確立されているのならば、FXに参入している人全員が成功している筈です。

しかしそうではありませんよね。

成功する人がいる裏には、失敗している人が必ずいるのです。

プロだって負けることもあれば、熱くなってしまうこともあるんです。

結局のところ、究極のリスク管理方法は、メンタルを鍛えることなのかもしれませんね。

FXは技術だけでなく、精神的な強さも求められるのね。
いつも冷静に淡々と取引ができる投資家は強いわ。

FXで成功するためには、感情に振り回されないということもすごく大切!

FXのリスク まとめ

  • FXのリスク管理を徹底し勝ち組になろうどんな投資にもリスクはつきもの
  • FXのリスクはある程度コントロールできる
  • 為替変動リスクはロスカットで回避
  • 金利変動リスクは安定性の高い国の通貨で回避
  • レバレッジリスクはレバレッジを低くして回避
  • ロスカットリスクは損切りの徹底で回避
  • 流動性リスクはメジャーな通貨ペアで回避
  • スリッページリスクは約定力の高いFX会社で回避
  • 相対取引リスクは国内のFX会社で回避
  • システム障害リスクはストップロス注文で回避
  • 信用リスクは大手のFX会社を選んで回避
  • リスク管理はプロにとっても難しい

今回はFXに潜むリスクとその対策について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

FXを行う上では様々なリスクが伴い、その原因をきちんと理解し対策を講じることが重要です。

リスクはある程度コントロールできるものなのです。

「リスクは必ず伴うものだから対策なんて意味ないよ」なんて考えて、ギャンブルトレードをしてしまえば、思わぬを損を被ることがあります。

ですからFXでもし成功したいと考えているのなら、必ずリスク管理を徹底するようにしましょう。

リスク管理や資金管理を徹底できれば、勝率が上がることは間違いありません。

是非そのことを頭に入れて、FXに取り組んでいてくださいね。

あなたのFXが充実したものになるよう、心より願っております。

オススメFX会社

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX!
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
YJFX

ヤフーグループのFX専門会社!業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4,000円)取引ができ、低資金でFXを始めることができます。

スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。

長期運用に最も適したFX会社で、貰える利息(スワップ)が業界最高水準です。

外貨預金代わりの長期運用をするならYJFX!は必須です。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

*円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

自動売買で楽して稼ぐ? 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン

外為オンラインは初心者に人気のFX会社で特に無料のセミナーが充実しています。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

-FX基礎

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者でも稼げるFX攻略法 , 2018 All Rights Reserved.