RSIとは?「買われ過ぎ?売られ過ぎ」を見る指標!

RSIとは?

RSIとは?

RSI 80%RSIとは?「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を一目(%)で見分けるオイシレーター系の代表格です。

基本的には逆張りに使いますが、強いトレンドが出た時には使い方に注意が必要な指標です。主にボックス相場の時に使われます。

どうなったら買われ過ぎ?売られ過ぎ?

RSIの買われ過ぎ?売られ過ぎ?

RSI計算式

RSIの計算一定期間中の上昇幅合計÷(一定期間中の上昇幅合計+下降幅合計)×100

計測期間をどれだけにするかは任意ですが、一般的には14日が良く使われます。比較的簡単な計算式ですので多くのトレーダーに愛用されています。

勝てる使い方

RSIの勝てる使い方RSIの使い方 14日を例にして言うと相場が20%以下で反転した時が買い。80%以上で反転した時が売りとなります。

RSIが50%付近では小幅な保ち合いとなることが多く、その後大きなトレンドになることがあるので注意が必要です。

移動平均線と合わせて使うと効果的です。

RSIの傾きと移動平均線の傾きが同じ方向なら信頼度がUPします。

トレンド中断のサイン「ダイバージェンス」

ダイバージェンス価格とRSIが逆に動くダイバージェンスが出たらポジションを決済するのが得策です。

トレンドの転換サインとしてダイバージェンスは意外に頻繁に見られます。

ダイバージェンスのサインを見落とさないように気をつけましょう!

RSIの5原則

  1. RSIのまとめ他の指標と合わせて運用する
  2. 中・長期の取引で使用
  3. 移動平均線が反転の方向に傾いたのを確認してから売買
  4. RSIが50%より上で右肩上がりなら上昇相場。50%以下で下降していて右肩下がりなら下落相場
  5. 基本はレンジ(ボックス)相場でのみ使用

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX yjfx 外為オンライン