FXの勝ち組は知っている【2%ルール】資金管理で勝率UP!

FXの資金管理が重要な理由とは

始めるのは簡単でも勝ち続けるのは難しいFX

FXの資金管理が勝つためのポイントFXは投資方法の中でも、気軽に始められることから現在でも人気の方法となっていますよね。

確かに誰でも簡単に始めることはできます。

しかし簡単に始めることができるからといって、 勝ち続けるのも簡単かといえば、決してそうではありません。

FXで勝つためのポイントは資金管理にあります。

正しい資金管理ができていなければ、あなたの資産はあっという間になくなってしまいますよ!

今回はFXにおける資金管理方法について、詳しく紹介していきます。

全資金を失ってしまうという手遅れの事態になる前に、しっかりと学んでいってくださいね。

FXでなぜ資金管理が重要なのか?

FXの資金管理ができないと退場になることもあるFXでは資金管理ができないと、退場になる危険性が高くなります。

どんなに素晴らしい手法を使い、エントリータイミングが的確で勝率が90%を超えていたとしても、資金管理ができていないと大損する可能性があるのがFXです。

失った証拠金が多いほど取り戻すのが大変になる

FXの資金管理が重要なのはなぜなのか100万円の資金で取引を開始したとします。

その後取引をしている中で、資金が50万円になってしまいました。

100万円の半分なので50%ということですね。

そこで資金を100万円に戻したいすると、何%のリターンが必要になるのか考えてみましょう。

100万円に戻すためには50万円のプラスが必要となります。

50万円の資金に対して50万円のプラスなので、パーセンテージにすると100%のリターンが必要ということです。

FXでは失った証拠金を戻すために必要なリターンは、失った証拠金が多いほど難しくなってきます。

ですから、いかに資金管理が重要なのかがお分かりいただけると思います。

プロがFXで勝てるのは資金管理を必ず行っているから

FXのプロは必ず資金管理を徹底している勝ち続けるトレーダーは必ず資金管理を行っています。

「資金管理さえできていれば、取引手法は関係ない」と言い切るトレーダーもいます。

先ほど例に挙げた100万円の資金が50万円に減ったという場合、このマイナス50%のアドバンテージはFXの世界では致命的なのです。

資金管理はこういったことを防ぐためのものです。

FXは精神面が非常に影響するため、資金管理ができていないと多大なストレスを受けることになります。

精神状態が安定していなければ、正しい判断と行動ができなくなってしまうのです。

正しい判断と行動をするためにも精神状態を安定させ、精神状態を安定させるためには資金管理の徹底が必須です。

なぜプロのトレーダーが勝ち続けられるのかといえば、資金管理を徹底することで不安やストレスを極力なくし、淡々と取引ができるからです。

資金管理は、FXで勝つために欠かせないものなのね!

お金をお金に投資するんだから当然のことかもしれない。

利益を出すことにばかりフォーカスするよりも、損失をいかに抑えるかにフォーカスしましょう。

堅実なトレードが成功のカギよ!

資金管理の目的は?FXで大切な考え方

FXの資金管理は損小利大の実現をするためのものFXでは損小利大の考え方が非常に大切です。

これは「損失は最小限に抑え、利益を最大限に伸ばす」という意味ですが、これを徹底するためにも資金管理が非常に重要なのです。

また損小利大を実現させるためには、以下のことを決める必要があります。

  • 1回のトレードにおける最大リスクの割合
  • リスクに応じたロット数
  • 利益確定を希望する価格帯

これらが決まっていなければ、損小利大を実現することは難しいでしょう。

これらのリスク設定をしておければ、損失をかなり抑えることができ、急激な相場の変動や連敗があったとしても、生き延びる可能性が高くなります。

FXでは具体的にどうやって資金管理すべき?

FXの資金管理の具体的な方法具体的な資金管理方法として、「一回のトレードの損失許容額を決定する」という方法があります。

それが「2%ルール」というものです。

シンプルなFXの資金管理方法!「2%ルール」

FXのシンプルな資金管理方法2%ルールはいたってシンプルです。

「自己資金の2%までしかリスクを取らない」という資金管理方法です。

例えば100万円を入金している場合は2万円、50万円なら1万円以内に損失額を抑えるようにします。

またトレード毎に損切り幅は変わってくるので、その損切り幅に合わせてロット数を調整するということがポイントになります。

この2%ルールは習慣づけるようにしましょう。

最初のうちは面倒だと感じるかもしれませんが、習慣づけることによって安定してパフォーマンスを出せるようになります

続ければ億超え?利益も2%ずつ得られた場合

FXの資金管理を続ければ利益も上がるでは損失額を資金の2%に抑え、利益も資金に対して2%ずつ得られるとしたら、いくら稼げるでしょうか。

100万円の資金を入れたとすると、1回目のトレードでは2万円の利益になります。

これが100回続けば、なんと元手の100万円が700万円にもなります。

さらに200回勝ち続ければ資産は5千万円、300回勝ち続ければ3億円を超えてしまいます!

ただしもちろん何百回も勝ち続けることは難しいです。

トレードしている中で、必ずどこかで負けることもあるでしょう。

しかしFXで大切なのはいかに損失を減らせるかです。

資金に対して2%の損失額なら、いくらでも取り戻せるチャンスがあります。

2%ルールはとっても良い資金管理方法ね。

2%の損失なら取り返せるチャンスもあるし、精神的なダメージも少ないもの。

精神的ダメージが少ないというのもポイントよね。

いつも冷静に取引をするためにも、精神面を安定させておくことが重要よ。

資金管理は「盾」つまり投資家を守るためのもの

FXの資金管理は投資家を守るためにやる資金管理を矛と盾で例えるなら盾です。

そしてテクニカルは矛、つまり剣です。

資金管理は投資家を守るためのものなのです。

資金管理のルールを守ってさえいれば、退場という最悪のケースを避けることができます。

テクニカルはどれだけ学んでも100%勝てるというわけではありませんが、FXではすべての取引に勝つということよりも、トータルで勝つということが大切です。

資金管理でFX初心者が失敗してしまう例

FXの資金管理で失敗してしまう方法資金管理を行っているつもりでも、初心者がよくやってしまう失敗があります。

それが「マーチンゲール法」という資金管理です。

マーチンゲール法とは、例えばトレードに負けたときに「次は勝つだろう」と考え、負けを取り返すためにポジションの量を増やすことです。

FXは常に相場次第なので、絶対に負けた次は上がるということはありません。

この資金管理を行うと、次のトレードでも負けてしまう可能性があり、最悪の場合退場となってしまいます。

なぜならばマーチンゲール法は根拠のない予想で、投資というよりはギャンブルに近いものになってしまっているからです。

ですのでマーチンゲール法による資金管理は絶対にしないようにしましょう。

初心者に心がけてほしいのは、資金が増えたらポジション量を増やし、負けて資金が減ったらそれに応じてポジション量を減らすということです。

負けた時の損失を最小限に抑えるためにも、上記のことを意識しながら取引を行ってください。

私もやっちゃいそうなことだわ・・・。

確かに勝てる根拠もないのにポジションの量を増やすのは、あまりにも危険よね。

ギャンブルトレードは大損の元!

このような方法をとってしまう人は、まず相場の分析を学ぶ必要があるわね。

リスク分散をし、より効率的に資金管理

FXの資金管理はリスク分散すると効果的リスク分散をするということは、複数のFX会社に資金を分散させるということです。

FX会社を分散させるのには、大きく分けて下記の2つの理由があります。

  1. 機会損失を防ぐ
  2. FX会社が破綻したときの保険

機会損失を防ぐ

FXの資金管理で取引機会を逃さないもし現在利用しているFX会社が、システム上のトラブルが発生し取引ができなくなってしまった場合、別のFX会社で取引ができるようにしておきます。

そうすることでチャンスを逃すということを防ぐのです。

FXで稼いでいる人は、ほとんどが複数のFX会社を利用しています。

機会損失を防ぎ、いつでも取引ができる環境を整えているのです。

FX会社が破綻したときの保険

FXの資金管理でお金をすぐに引き出せるようにする利用しているFX会社が破綻してしまった場合も、その業者ではもう取引ができなくなってしまいます。

現在では信託保全によって、顧客の資金を守るように法律で義務付けられています。

そのためFX会社が破綻した場合も、資金そのものは安全だと言えます。

しかし自然災害などの予測不可能な事態では、預けているお金をすぐには引き出せないことも考えられます。

そんなときに一つの口座に集中してお金を預けていたら、次の投資に必要な資金を用意できませんね。

そういったことを防ぐためにも、複数のFX会社でリスクを分散させることが必要です。

そっか、全資金をひとつの口座に入れておくと、こういったリスクに対応できないのね。
FX会社を分散しておけば、トレードスタイルによっても使い分けることができるわ。

また取引したい通貨ペアのスプレッドスワップポイントなども、比較して利用すると良いわよ!

【FX会社が倒産】信託保全は100%資金を保護してくれる?

2018.05.23

FXのスプレッドの意味とは?数万以上の損失を出す前に知るべき知識

2018.02.28

スワップポイントとは?FX初心者でも毎日利益を出せるって本当?

2018.02.03

FXではトレードスタイルによって資金管理方法を使い分けよう

FXの資金管理方法は使い分けることがポイント資金管理方法はトレードスタイルによって使い分けるようにしましょう。

例えばスキャルピングに当てはまる資金管理方法でも、 スイングトレードでは全く役に立たないといったこともあるはずです。

またその逆も然りですね。

そこで

  • 利幅をたくさんとるのか
  • 枚数を増やして稼ぐのか

このどちらに自分のトレードスタイルが当てはまるのかを考えてみましょう。

スキャルピングデイトレードスイングトレードの3つのスタイルは、上記の2つに対しこのように振り分けることができます。

  • 利幅をたくさんとる:デイトレード・スイングトレード
  • 枚数を増やして稼ぐ:スキャルピング

利幅はデイトレードで取り、スキャルピングでは枚数を増やすということを決めておけば、メンタルも崩さずに資金管理を行うことができます。

ぜひあなたのトレードスタイルがどれに当てはまるのか、もう一度見直して資金管理方法を決めていてください。

仕事しながら36万円稼げた!スイングトレードでのんびり副業FX

2018.07.20

【秒】で稼ぐスキャルピング!レバレッジ25倍で最速利益を狙え

2018.07.20

【1回5分のデイトレード】兼業なら16時以降の仕事後が勝負!

2018.07.19

FXでの究極の資金管理方法!トレード記録をつける

FXの資金管理で大切なこと私が思う究極の資金管理方法とは、ズバリ自分のトレード記録をつけるということです。

トレード記録をつけると、勝率や損益比率、取引量の調整や利益など、色々なことが見えてきます。

トレードを分析すると自分の癖が見えてくる

FXの資金管理をすると自分の悪い癖を改善できるトレードにはその人の癖というものが出ます。

自分の癖というものは、特に初心者のうちはなかなか気づけないものです。

しかしトレードを見返すことによって、そのトレードを分析し自分の癖を見つけ出すことができます。

その中で悪い癖があったら、それを改善していくようにしましょう。

トレードを分析するときには、勝率と損益率から破産確率を算出するということが大切です。

勝率を上げるのには限界がありますが、損益率を上げることで期待値の高いトレードルールを構築することができます。

勝っているトレーダーはトレード記録をつけている

FXの資金管理で勝率を上げることができるトレード記録をつけることは強制ではありません。

しかし勝っているトレーダーは、皆トレード記録をつけているということを覚えておいてください。

トレード記録をつけることで、どんな教材からでも学ぶことのできない、自分だけの学習ができます。

過去のトレードを分析し改善点を見つけ出して、その課題をひとつひとつクリアしていくことで、勝てる投資家に近づいていきます。

自分の悪い癖を発見し改善することができれば、FXで勝てる確率は相当上がります。

負けたときになぜ負けたのかを分からないままにしておくよりも、こうやってトレードを見返し分析して、改善点を見つけ出すことが大切なのね!
悪い所を改善していけば、勝率が上がるのは当然よ。

まずは自分のトレードを記録していくことから始めてみましょう。

「損切り」という資金管理ができなければ、FXでは負ける

FXの資金管理で重要な損切りは必要経費FXで負ける原因の8割は、損切りができないことと言われています。

すでに損失が出ているにもかかわらず、「待っていれば相場が反転して利益が出せるのではないか?」

また「もし損切りをした後に、相場が安定して利益が出せるようになったらもったいない。」

このように考えて損切りを躊躇してしまう人が多くいます。

そもそも損切りポイントを決めていないという人もいるかと思います。

しかしそれではFXで成功することはできないでしょう。

なぜなら上記のような考え方には、まるで根拠がないからです。

確かに損切りをする以上、損失を確定するということなので悔しいという気持ちも分かります。

しかし損切りは必要経費と割り切ってしまいましょう。

いつまでも利益にならないポジションを保有し続けていれば、退場となってしまうのも時間の問題です。

損失額は最小限に抑える

FXの資金管理では損失額を最小限に抑えるということが重要FXでは損失額は最小限に抑えるということが重要です。

そのためにも損切りポイントを決め、それをしっかりと守るようにしましょう。

先ほど紹介した2%ルールも、損失額をあらかじめ決めておく資金管理方法です。

またポイントを決めるだけではなく、守りきるということが非常に大切です。

自分の決めた損切りポイントに達したら、潔くポジションを手放しましょう。

割り切って損切りができるメンタルを保つために、必要経費と思っていれば精神的負担も少ないかと思います。

是非損小利大を徹底してFXを行ってくださいね。

FXの資金管理 まとめ

  • FXの資金管理を徹底して勝ち組になろう資金管理ができないと退場になる危険性がある
  • 資金管理は投資家を守るためのもの
  • 証拠金は失った額が大きいほど取り返すのが難しい
  • プロは必ず資金管理を行っている
  • 資金管理の目的は損小利大を実現するため
  • 2%ルールなら堅実なトレードが可能
  • マーチンゲール法はやめよう
  • 複数のFX会社でリスク分散させよう
  • トレードスタイルによって資金管理方法を使い分けよう
  • 自分のトレード記録をつけ、悪い所を改善していこう
  • 自分の悪い癖を改善すれば勝率が大幅に上がる
  • 損切りを徹底しよう

今回はFXの資金管理方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初心者の人は利益を得ることばかりにフォーカスしてしまいがちですが、資金管理を怠っていれば勝ち続けることはできません。

損失が一気に膨らんでしまったり、一瞬で資金を失ってしまったりと、 そんな恐ろしい事態は絶対に避けてください。

しっかりと資金管理方法を身につけ、堅実に取引を行うために、この記事を参考にしていただければと思います。

あなたのFXライフが充実したものになるよう、心から願っております。