FXのスプレッドの意味とは?数万以上の損失を出す前に知るべき知識

更新日:

スプレッドとは?
え~っと、「スプレッド」って一体なんだろう?
スプレッドとは、FXの実質的な手数料のことよ

 

えっ!FXって手数料無料なんじゃなかったの?

 

確かに「手数料無料」!と掲げている企業もあるけど、本当は「スプレッド」という形で間接的に手数料が発生しているの。年間で10万円以上も損をすることもあるか覚えておいてね

 

えっ!年間10万円も!?どういう仕組みなの?

 

分かりやすく解説していくから最後まで読めば理解できるわ
FXって覚えることが多いんだね
そう言わず、楽しく学んでいきましょう♪スプレッドを理解すれば大損をする確率を減らせるわよ

FXのスプレッドの意味・仕組みとは?スプレッド=買値と売値の差

スプレッドの意味とは?
スプレッド(spread)とは、「」「広さ」を意味する英語です。

FXでは買値と売値の差のことを意味します。

この差がFX取引の実質的な取引手数料としてFX会社から差し引かれています。

スプレッドはFX会社にとっての収益の一つです。

なので、初心者の人は「スプレッド=手数料」と覚えておきましょう。

テレビやラジオのニュースで「東京外国為替市場の円相場は、1ドル107円30銭〜33銭の間で取引されています」なんて聞きますよね。

このとき、ドルを売る場合が1ドル=107円30銭、買う場合が1ドル=107円33銭という意味なのです。なので、スプレッドは3銭となります。

スプレッドは「広い」「狭い」で表現される

スプレッドが高い場合は「スプレッドが広い」と表現し、スプレッドが安い場合は「スプレッドが狭い」と表現します。独特の表現ですね。

スプレッドの幅が狭いほど利益が出しやすくなります。

実際のFX取引画面でのスプレッド

実際の取引画面のスプレッドを見て見ましょう。

FXの取引画面では、売るときの値段はBID(ビット)、買うときの値段はASK(アスク)と表示されています▼
FXスプレッド一覧

FXスプレッドの表示

この場合だと、売るときの値段(BID)が106.985円、買うときの値段(ASK)が106.988円、その間に表示されている0.3(銭)がスプレッドです。

パッと見ると引き算してもケタが合わないように感じますが、売値や買値は「円」、スプレッドは「銭(=0.01円)」単位で表示されています。

[box class="yellow_box" title="スプレッドの計算方法"]買値(ASK)106.988円-売値(BID)106.985円=0.003円=0.3銭(スプレッド)[/box]

このように売値と買値が同時に提示される取引を、2Wayクオート(2Wayプライス)といいます。

「売り手」と「買い手」は立場によって変わるため、FXの書籍や雑誌などの画像では、BIDとASKが逆に表記されていることもあります。

スプレッドは必ず発生するのもなの?
中には、スプレッドが0円のFX会社もあるけど、基本的には0.3銭以上のスプレッドが設定されているわ

実際に取引されている価格にFX会社が各々が定めたスプレッドを上乗せしているため、FX会社が提示している価格はそれぞれのFX会社で微妙に異なっています

また、FXを始めたばかりでスプレッドについてよく分からないうちは、「売っても買っても、なんで毎回いきなりマイナス(赤字)になるんだよ~!」なんて思うかもしれませんが、実はこのスプレッドが原因だったのです。

売っても買ってもスプレッド分のコストが発生するので、毎回取引した瞬間にちょっとだけマイナスになります。

スプレッドの計算方法

でも、0.3銭なんて1円以下の値段でしょ?損なんてするの?
痛い目に会いたくなかったら、スプレッドを甘く見てはいけないわ。1銭を笑うものは1銭に泣くわよ

ここではスプレッドの計算方法についてお伝えします。

スプレッドの計算方法

スプレッドの表記は「銭」と「pips」の2種類

通貨ペアによって、スプレッドの表記は「銭」と「pips」の2種類に分かれます。

「pips」とは、通貨の最小単位の1%(100分の1)のこと。FXではさまざまな通貨が取引されているため、分かりやすく表現しています。

米ドル/円など日本円とのペアの場合は「銭」、ユーロ/米ドルなど外貨同士のペアの場合は「pips」が使われます。

日本円では1pip=0.01円(1銭)、米ドルでは1pip=0.01セント(0.0001ドル)です。

[aside type="normal"]

この場合は単数形の「pip」で表記していますが、FXの取引画面などでは複数形の「pips」で表記されています。

[/aside]

米ドルの最小単位は「ドル」ではなく、「セント」(1セント=0.01ドル)です。

日本円の場合「銭」(1銭=0.01円)は現在通貨としては使用されていないため、「」が基準になります。

年間でなんと「16万円以上」の差に!

例えばとあるFX会社のスプレッドが0.5銭だったとします。

「1銭」=「1円の100分の1」なのでとても小さな金額に思えます。この場合1,000通貨での取引では10円10万通貨の場合は1,000円の手数料が発生していることになります。

スプレッドが1銭のA社とスプレッドが0.3銭のB社で、1万通貨で取引した際の手数料を比較してみましょう。

 スプレッド1万通貨での取引コスト
A社1銭1銭×1万通貨=100円(1万銭)
B社0.3銭0.3銭×1万通貨=30円(3千銭)

1日に1万通貨の取引を10回したとしても、それだけで700円の差が生まれます。

例えばこれを月曜~金曜の5日間続けたら、1週間で3,500円の差

さらに4週続けたら、1か月で14,000円の差

そしてなんと、これを12か月続けたら1年間で168,000円の差となってしまうのです!!

デイトレードなどで1日に何度も取引を繰り返す場合、低スプレッドのFX会社を選ぶのが利益を上げるためにとっても大切なのです。

スプレッドだけでこんなにも大きな差が!0.7銭の差がここまで響くなんて

 

スプレッド以外にもFX会社を選ぶポイントは色々あるんだけど(スワップポイントの高さ、取引ツールの使いやすさなど)、スプレッドは決して軽視できないポイントなのよ

「手数料無料!」でもスプレッドは発生する

FXのスプレッドは手数料のこと
FXでは取引手数料を「売買手数料」と「スプレッド」の2つに分けて考えます。

なので、「手数料無料!」と掲げているFX会社は売買手数料が無料という意味であって、どこのFX会社でもスプレッドという形で実質的には手数料が発生しているのです。

システム使用料や情報利用料などの手数料は無料でも、スプレッドは多くのFX会社で発生すると覚えておきましょう

FXのスプレッドは良心的

FXスプレッドはボッタクリ?
「FX会社はスプレッドで利益を出しているなズルイ」と思ったかもしれません。しかし、FXのスプレッドは良心的です。

このスプレッドという仕組みは外貨預金にもありますが、FXの200倍高いこともあります。

例えば都市銀行(メガバンク)で外貨預金する場合、2円以上スプレッドが発生することもあります。旅行や出張で外貨を交換した経験がある人なら、「外貨を交換したら、なんだかお金が減った気がする」という経験をした人もいるかと思います。

外貨預金の方がなんだかクリーンなイメージがありますが、実はFXのスプレッドの方が低コストで良心的なんですよ。

FX会社をスプレッドで比較!

スプレッドの比較

通貨ペア別のスプレッド比較一覧

人気FX会社のスプレッドを通貨ペアごとにまとめてみました。

原則固定」とは、「基本的にはこのスプレッドでやってますよ~」という意味。

変動制」の場合は、常にスプレッドが変動し続けています。

原則固定の場合も変動制の場合も、取引が活発に行われているときなどはさらに広がる可能性もあります

スプレッドの原則固定と変動制の違いについては、後で詳しく解説していきますね。

スプレッドが低いのは「GMOクリック証券」

スプレッド最小水準のFX会社

上の比較表でもお分かりいただけるように、大手FX会社の中でスプレッドが低いのは断然「GMOクリック証券」。

GMOクリック証券のスプレッド一覧

スプレッドが小さいFX会社

FX初心者の登竜門である米ドルのスプレッドは、原則固定で0.3銭(2018年2月現在)です。

GMOクリック証券は、FX業界最小水準のスプレッドスワップポイントも高いFX会社で、FXの取引高はなんと6年連続(2012年~2017年)世界第1位

GMOクリック証券の口コミ・評判

スプレッドが狭いためコストを抑えた取引が可能で、デイトレードにも向いています。

また、パソコン向けやスマホ向けの取引ツールが充実しており、使い勝手の良さを実感しながら取引できます。

特に、スピード取引の画面では、決済時の確認画面を省略できるため、チャートを見ながら素早く決済したい場合には大変役立ちます。

なお、パソコン向けの取引ツールは、自分の好みに応じて細かくカスタマイズできるので、良好な取引環境を実現できます。

(性別:男性 年齢:30代 職業:専業投資家 FX投資歴:7~10年)

【スプレッド】
ドル / 円が0.3銭と低スプレッドなので、デイトレードし易いと思います。

【速度・安定性】
取引し易いです。

【機能・ツール】
スマホ版しか利用していないですが、操作性はよいと思います。
また、ツールもかなり使いやすいと思います。

【情報】
ニュースをすばやく伝えてくれます。あとは、未来予想チャートなどがあれば良いですね。

【総評】
ツールも使い易いので、初めての人でもそんなに不満もなく利用できると思います。

(性別:男性 年齢:40代 職業:会社員 FX投資歴:1~3年)

コストに関しても評判がいいFX会社です。

なんで低スプレッドなのか調べてみたところ、カバー先が5社あるから、狭いスプレッドを提示し続けることができるみたいですね。短期トレード中心でお世話になってます。

平均的に低スプレッドなのでどの通貨ペアの取引でもいけちゃいます。

(性別:男性 年齢:20代以下 職業:公務員 FX投資歴:~1年)

引用元:価格.com

GMOクリック証券のメリット・デメリット、開設手順などはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

[kanren postid="888"]

同じFX会社でも通貨ペアによってスプレッドが異なる

上のGMOクリック証券の例でもお分かりいただけるように、同じFX会社でも通貨ペアによってスプレッドが変わってきます。

例えばGMOクリック証券の場合だと、米ドル/円の場合は0.3銭原則固定ですが、ユーロ/円の場合は0.5銭原則固定です。

FXに慣れてきて「米ドル/円以外も色々取引してみたいなぁ~」というときは、その通貨ペアごとにスプレッドを比較してみましょう。

また、NZドルや豪ドルなどの高金利通貨を取引する場合、スプレッドだけでなくスワップポイントの高さも重要なポイントです。

[kanren postid="703"]

スプレッドが変動するのはどんなとき?

FXスプレッドが変動するとき

先ほど「原則固定」と「変動制」についてチラっと解説しましたが、ここで詳しく確認しておきましょう。

スプレッドはたとえ原則固定であっても、以下のような場合に変動しやすいので注意が必要です。

変動しやすいとき1. FX取引する人が少ない時間帯

早朝や祝日など、FX取引をしている人が少ない時間帯はスプレッドが広がりやすい傾向にあります。

日本時間だとニューヨーク市場が閉まる早朝5:00~8:00くらいの時間帯、またゴールデンウィークやお盆などの連休中などがこれに当たります。

FX会社側からしたら「誰も取引せんかったらこっちが儲からんやんけ!スプレッド広げて儲けたろ~」という感じね

 

しっかりしてまんなぁ~

 

変動しやすいとき2. 為替レートが急激に変化したとき

重大な経済ニュースが発表されたときや大きな事件や事故が発生したとき、為替レートが大きく変動します。

為替が大きく動くタイミングはFXトレーダーにとって稼ぎどきなため、取引の参加者も急増します。

このような場合も、スプレッドが広がる可能性が高いです。

「イマやっ!トレーダーだけじゃなく、ウチも絶好の稼ぎどきですわ~!」って感じかな?

 

「ちょちょちょ、システム的に注文追いつかへんわ!スプレッド広げて参加者ちょこっと減らしとこ~!」とかもありそうね
[aside type="normal"]

また、為替レートが激しく変動しているときは、注文した瞬間の価格と実際に約定する価格が大きくズレることもあります。

これを「スリッページ」といいます。

[/aside]

変動しやすいとき3. 取引先の金融機関が少ない場合

私たちは銀行から直接通貨を買っているのではなく、以下のようにFX会社に仲介してもらう形でトレードしています。

[box class="yellow_box" title="FX取引の仕組み"]FXトレーダー ⇄ FX会社 ⇄ 銀行[/box]

このときFX会社の取引先金融機関が少ないと、大きな為替変動があった場合に有利な価格で銀行から買い取ることができません

こうした場合、FX会社自体の損失を防ぐためにスプレッドが広がることがあります。

有利な価格で購入できなかったので、その分スプレッドが広がるわけだね

 

そういうことね。GMOクリック証券みたいに、取引先金融機関が多い大手のFX会社を選ぶのがオススメよ

スプレッドが狭いFX会社を選ぼう

スプレッドに関する知識をまとめると以下のようになります。

[box class="yellow_box"]
  • スプレッドとはFXの実質的な手数料
  • FX会社や通貨ペアによってスプレッドは異なる
  • スプレッドの幅が狭いFX会社を選ぼう
[/box]
スプレッドだけで年間16万円以上も差が出ることもあるんだね。

 

スプレッドが狭いFX会社を紹介しておくわ。この中から選べば失敗しづらいわよ

オススメFX会社

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX!
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
YJFX

ヤフーグループのFX専門会社!業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4,000円)取引ができ、低資金でFXを始めることができます。

スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。

長期運用に最も適したFX会社で、貰える利息(スワップ)が業界最高水準です。

外貨預金代わりの長期運用をするならYJFX!は必須です。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

*円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

米ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

自動売買で楽して稼ぐ? 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン

外為オンラインは初心者に人気のFX会社で特に無料のセミナーが充実しています。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

-FX基礎
-オススメ

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者でも稼げるFX攻略法 , 2018 All Rights Reserved.