仕事しながら36万円稼げた!スイングトレードでのんびり副業FX

のんびり資産運用ならスイングトレード

忙しくても十分に利益を狙えるトレードスタイル

FXのスイングトレードは忙しくても大きな利益を狙える「FXをしたいけど普段が忙しくて時間が取れない」

そんなお悩みはありませんか?

FXと聞くと、「複数のモニターを見ながらチャートに張り付いて、必死になって取引をしなければならない」そんなイメージもあるかと思います。

ですのでせっかく余剰金を増やすためにFXをしたくても、会社員や主婦の中には「なかなかそんな時間が取れない!」と、FXを諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。

実はFXには様々なトレードスタイルがあり、その中でも今回紹介するスイングトレードは、のんびり資産運用をしたい方にはピッタリなんです。

ある程度長い期間ポジションを保有することになるため、細かく売買判断をする必要もなく、一度に大きな利益を狙える手法です。

今回はそんなスイングトレードについて詳しく紹介していきます。

是非この記事を参考にしてみてくださいね。

目次

スイングトレードとは

FXのスイングトレードはポジションの保有期間が長いスイングトレードとは数日~数週間の、ある程度長い期間ポジションを保有し利益を狙うトレードスタイルです。

FXの取引期間としては中期的なスタイルであり、相場や見ている足の長さによってトレード期間が変わってきます。

レバレッジは5倍~10倍で取引されることが多く、スキャルピングやデイトレードよりも大きな利益を狙うことができます。

スイングトレードの基本「トレンドに乗る」

FXのスイングトレードはトレンドに乗るのが基本スイングトレードは1回の取引期間が数日~数週間で、100pips~500pipsほどの利幅を狙えます。

デイトレードやスキャルピングとは違い、1日で取引を完了させることはなく、ある程度の期間ポジションを保有し続けることになります。

相場の大きな流れの中で、その波に乗って利益を取るのが基本となっているため、取引しようとする通貨ペアにトレンドが発生していることが勝つ条件となります。

スイングトレードが会社員にもオススメの理由

FXのスイングトレードで狙える利幅は大きいスイングトレードを行ううえでの最大の魅力は、やはり一回の取引で大きな利益を得られるということです。

ポジションを保有している期間が長いので、デイトレードやスキャルピングのように細く取引をする必要がなく、取引の頻度は比較的低いです。

そのため副業としてFXを行うのにもピッタリの方法で、普段仕事や家事で忙しい人でも十分に利益を上げることが可能です。

またFXのトレードスタイルは、取引期間が長いほど生存率が高いです。

例えばスキャルピングの生存率は約0.3%、長期トレードの生存率は15%~20%です。

スキャルピングのような超短期売買は特殊な手法で、難易度も高いため初心者が生き残るのは簡単ではありません。

しかし長期トレードなら外貨預金のような感覚でFXができ、勝率も高く初心者でも望みが大きい手法と言えます。

一回の取引で大きく稼げて、しかも短期売買よりも勝率が高いというのは魅力だね!
兼業トレーダーとしてFXを行うにはオススメの方法ね。

「今すぐ」というよりは、「将来的に資産を増やしたい」という人向けのトレードスタイルよ。

スイングトレードのメリット

スイングトレードには、下記のようなメリットがあります。

  • 1回の取引で大きな利益を狙え、コストもかからない
  • 毎日スワップポイントがつく
  • パソコンに張り付く必要がない

1回の取引で大きな利益を狙え、コストもかからない

FXのスイングトレードはコスパが良いスイングトレードの最大のメリットは、日や州をまたいでポジションを持つことにより、短期売買では考えられないような大きな利益が出せるということです。

また取引回数が少ないため、スプレッドをそれほど気にしなくて良いという点も魅力でしょう。

取引を細かく行うスキャルピングは、取引をするだけその分のスプレッドがかさんでいきます。

そのためせっかく得た利益を圧迫してしまうということがあります。

スイングトレードは取引期間が長く、ブレッドがかかるのはポジションを建てたときだけです。

さらに勝てれば大きな利益を得ることができるため、デイトレードやスキャルピングほどスプレッドが気にならないのです。

毎日スワップポイントがつく

スワップ運用はスイングトレードの代表例FXのスイングトレードで代表的なのが、スワップポイントを狙った運用です。

スワップポイントは、年単位のものを日割りで付与されるため、ポジションを保有しているだけで毎日利益が積み上がっていきます。

高金利通貨で人気のあるトルコリラ/円を取引した場合、1万通貨の取引で1日あたり80円~100円ほどのスワップポイントが得られます。

「1日たったの100円か」と思うかもしれませんが、取引量を10万通貨、100万通貨と増やしていけば、なかなか大きな金額になりますよ!

例えば10万通貨を保有した場合、1日あたりに得られるスワップポイントは1,000円です。

1年間保有し続けたとすると、365,000円の利益になるんですよ!

保有しているだけでこれだけの利益が狙えるなんて、魅力的だと思いませんか?

スワップポイントを狙った運用は、金利差による利益を得る方法なので、外貨預金に似ています。

しかし外貨預金よりもFXの方が、利回りもよく手数料も安いため遥かにお得です。

【トルコリラ/円が熱い】8~24%の金利で儲ける外貨預金

2018.02.20

パソコンに張り付く必要がない

FXのスイングトレードはパソコンに張り付く必要がないスイングトレードは相場の動きを大きな目で見るため、目先の値動きや価格にとらわれることがなく、パソコンに張り付く必要もありません。

兼業トレーダーとしては、これも大きなメリットとなりますよね。

短期売買を行うと、その日のうちに売買の判断をしなければならないため、会社でもチャートが気になって、仕事に集中できないといったこともあります。

また細かく分析をしたり、売買判断も素早く行わなければならないため、体力的にも結構キツイんです。

しかしスイングトレードなら細かい売買判断をする必要がないため、じっくりと資産運用ができます。

そうか!スワップ運用もスイングトレードになるんだね。

のんびり屋の僕には魅力的だな~。

スプレッドによるコストも気にならないし、チャートを常時チェックする必要もないのは嬉しいわよね。

スワップ運用は、外貨預金代わりに利用する人も多いのよ。

スイングトレードのデメリット

取引回数が少ないのに大きな利益を狙えるスイングトレードは、魅力的に見えるかもしれませんが、デメリットもあるということも覚えておきましょう。

スイングトレードのデメリットは以下の3つです。

  1. チャンスが少ない
  2. 損切り幅が大きい
  3. ポジション保有時の精神的負担がある

チャンスが少ない

FXのスイングトレードは取引機会が少ない長い期間ポジションを保有するスイングトレードは、トレード機会が少なく、その分チャンスも多くはありません。

大きなトレンドを狙う場合、チャンスは数ヶ月に1度ほどということもザラで、それまで待たなければなりません。

スキャルピングのように、いつでもチャンスに変えることができるトレードスタイルとは違い、チャンスをつかむのが難しいかもしれません。

そのため一回一回の、トレード機会を見極める必要もあります。

損切り幅が大きい

FXのスイングトレードは損切り幅も大きい損切り幅は短期トレードに比べてかなり大きいです。

数pipsというわけにはいかず、数十pipsなんて普通で、100pipsを超えることもあります。

スイングトレードをしたくても、この損切り幅のリスクを考えると、なかなか踏み込めない人が多いようです。

大きな利益を狙える分、損切り幅も大きいんですね。

ポジション保有時の精神的負担がある

FXのスイングトレードはポジション保有時の精神的負担があるスイングトレードは取引期間が長いため、ポジションを長く保有することが苦手な人にとっては苦痛になってしまいます。

ポジションを持っている期間も世の中では色々なことが起こり、為替に影響を与えるニュースも多く飛び交います。

そんな中でも冷静にポジションを持ち続けなければならないのです。

目先の動きが気になってしょうがない方や、評価益があるとすぐに決済してしまう方などには向いていない手法と言えます。

はぁ~。やっぱり良いことばかりとはいかないか・・・。
そんなに落ち込むことないわよ!

大事なのはデメリットもしっかり理解したうえで、リスク管理をすること。

そうすることで勝率を上げることができるわ!

スイングトレードで勝つために重要な3つのこと

スイングトレードで勝つために重要な要素は様々ですが、特に以下の3つが最重要だと私は考えています。

とにかくトレンドを意識する

FXのスイングトレードはトレンドに乗った取引が基本スイングトレードはトレンドに乗った取引が基本です。

そのため常にトレンドに対する意識を持っていなければなりません。

少ない取引回数で大きな利益を狙う手法なので、相場の大きな方向性を見極めることが大切です。

初心者にありがちなのが、スイングトレードのつもりで取引を始めても、レンジ・トレンド関係なく各所で利益を出そうとすることです。

レンジ相場でも小さなトレンドで利益を出すことはできますが、そのやり方はスイングトレードではなくキャルピングです。

あくまでも大きなトレンドに乗ることを忘れずに取引を行ってください。

損切りルールは厳守!

FXのスイングトレードは損切りしないと大損する損切りルールの徹底はスイングトレードだけではなく、他のトレードスタイルでも重要なことです。

特に損切り幅の大きいスイングトレードでは、決めたポイントでの損切りを絶対に守りましょう。

損切りポイントを決めたにも関わらず、「もう少し待てば上がるかもしれない」と考えポジションを保有し続けると、その後も下がったときに大損してしまいます。

必要以上の損失を出してしまうというのは、FXでは致命的です。

FXで失敗する人の大半は、損切りをしないことが原因なのです。

ですから自分が決めた損切りルールは、必ず守りきるということを心に誓ってください。

得意なパターンを見つけ、淡々と取引をする

FXのスイングトレードは取引をパターン化するのが成功のカギFXで勝ち続けるためには、自分の得意な勝ちパターンを見つけることが最大の秘訣です。

プロのトレーダーがなぜ勝ち続けることができるのかといえば、それは自分の得意なパターンを必ず持っているからです。

勝ちパターンを持っていると、それに従い淡々とトレードをすることができます。

パターン化してしまっているので、不安や恐れがなく黙々と取引をすることができるのです。

もちろん勝ちパターンを見つけるのは、簡単ではありません。

テクニカル分析やファンダメンタル分析、また様々な取引手法を検証・分析していく必要があります。

しかし最終的には勝ちパターンを見つけ、それに従って取引ができることを日常化させるのが理想的です。

損切りの徹底や勝ちパターンを見つけることは、他のトレードスタイルでも大切なことだよね。
そうね。それができるかどうかで、今後FXで成功するのかどうかが決まると言っても過言ではないわ!

売買のタイミングもトレンドに逆らわず

FXのスイングトレードはトレンドに逆らわないことトレンドフォローが基本ですので、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売りから入ります。

トレンドの確認は週足・日足で行いますが、売買のタイミングは日足と1時間足で判断します。

またスイングトレードでオススメのチャートは21指数移動平均線です。

単純移動平均線ではなく指数移動平均線であることと、21単位であることの理由は、その方が相場にフィットすることが多いと判断しているためです。

例えば、ローソク足の終値で「21指数移動平均線を上で終わったら買い」と判断します。

また同じく終値で「21移動平均線を割ったら売り」というルールにするとわかりやすいでしょう。

売買サインが出ていることさえ見つけられれば、このルールに従って取引を進めるだけなので、比較的単純だと思います。

スイングトレードを行うのに最適な通貨ペア

FXのスイングトレードに最適な通貨ペアスイングトレードで選択する通貨ペアは、利幅狙いなのか・それともスワップポイント狙いなのか、によって変わってきます。

スワップポイントはロングにとっては利益、売りにとっては不利益に働きます。

そのためスワップポイント狙いの超長期スイングを除けば、ロングばかりを選択するものでもないのです。

利幅狙いでオススメの通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/ドル
  • ポンド/ドル
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • ユーロ/ポンド
スワップポイント狙いでオススメの通貨ペア
  • トルコリラ/円
  • メキシコペソ/円
  • 南アフリカランド/円

時間足は日足・週足が基本

スイングトレードでは、時間足は短くても4時間足を見ます。

加えて日足・週足を見ることができれば十分なのです。

なるべくのんびり投資をしたい人は、日足で行うと良いでしょう。

長い足ほど確率が高い?一番バランスが良い足とは

FXのスイングトレードは長い足を見て取引するまたタイムスパンが長いトレードスタイルほど、勝率が高いです。

「月足や年足でトレードした方が、週足よりもタイムスパンが長く信憑性も高いのではないか」と思われる方もいるかと思います。

確かに一理ありますが、それだと時間がかかりすぎてしまいます。

例えば月足でトレードすると、エントリーチャンスを待っているうちに、2年以上も経ってしまったということにもなりかねません。

ですので、タイムスパンが長くて資金効率も比較的よく、バランスの取れた時間足は、日足・週足となります。

スイングトレードは技術よりも精神面が重要?

FXのスイングトレードは精神的な強さが求められるFXでは技術的な面や手法ばかりに意識が向きがちですが、精神面が非常に影響する投資方法なんです。

またスイングトレードは、スキャルピングやデイトレードよりも、精神的強さがより必要となります。

トレンドに意識を集中させること!

FXのスイングトレードはトレンドに神経を集中させるのがポイントスイングトレードは短期間の細かい上下は気にせず、トレンドがどちらに発生するのかに神経を集中させることが必要です。

相場は基本的に上昇トレンド下降トレンド・横ばいの3つだけしかありません。

現在の相場が、この3つの中のどれになるのか見極める意識が大切です。

何度も言いますが、とにかくトレンドに意識を集中させましょう。

チャンスが来るまでじっと待つ

FXのスイングトレードは待つ根気が必要エントリーチャンスが来るまで待つということも大切です。

早く稼ぎたいあまり、なんでもいいからポジションを建ててしまうということは、しないようにしましょう。

もちろんエントリーポイントだけでなく、 決済させるポイントも大切です。

スイングトレードで勝つためには、とにかく自信があるポイントまでじっくり時間をかけて待つということが、非常に重要なのです。

「ただ待てばいいだけ」と思うかもしれませんが、ポジションを保有しているうちはプレッシャーもあり、かなりの精神的強さが求められます。

無駄な取引はダメ!損小利大を徹底する

FXのスイングトレードは損傷利大の徹底が重要損小利大は、FXで最も重要な考え方です。

損失額は最小限に抑え、利益額が最大限に延ばすということです。

初心者はなかなかチャンスまで待てずに、頻繁に取引をしてしまいがちです。

こうなると底なし沼に片足を入れているようなもので、勝てる根拠のない取引を次々に行ってしまうと、結果大損となってしまいます。

また損切りをしないということも、大失敗の原因になります。

損失額を最小限に抑えるということは、損切りポイントしっかりと守り、損失額を必要以上に膨らませないことです。

これからFXを始めようという方も是非、この損小利大という考え方を自分に落とし込んでくださいね。

FXでは精神的な強さも重要!

いくら優れたスキルを持っていても、メンタルがしっかりしてないと力を発揮できないよ。

メンタルも一朝一夕で強くなれるようなものではないわ。

取引に慣れていきつつ、メンタルも一緒に鍛えていきましょう。

ポジション保有中にチェックすべきこととは?

スイングトレードはポジションの保有期間が長いですが、その間にもチェックしておかなければならないことがあります。

それが経済指標の発表です。

経済指標の発表

FXのスイングトレードは経済指標発表の時に注意取引している通貨ペアに関する経済指標が発表される時間帯は要注意です。

指標発表後にはスプレッドが大きく広がる恐れがあるのです。

また指標により相場の流れが変わる可能性もあり、トレンドが逆向きになることもあります。

そのためこのような指標リスクも、あらかじめ想定しておくことが大切です。

短期スイングの場合
  • 毎月の雇用統計のひがポジションを持たない。
  • 雇用統計以外の指標は無視してポジションを持つ。
長期スイングの場合
  • 毎月の雇用統計も全部の指標を無視してポジションを持ち続ける。
  • 雇用統計以外の指標は無視する。
  • このようなことが指標リスクを回避する骨になりますので、参考にしてみてください。

スイングトレードにオススメのFX会社

スイングトレードでオススメのFX会社スイングトレードをするにあたり、FX会社を選ぶ際は下記のポイントをチェックしておきましょう。

  • スプレッドの狭さ
  • スワップポイントの大きさ
  • スマホアプリの使いやすさ

また上記のことを満たしているオススメのFX会社は、下記の通りです。

スプレッドが狭くスマホアプリの使いやすさならここ!

FXのスイングトレードではツールの使いやすさが大事
GMOクリック証券

GMO クリック証券はスプレッドが狭くスマホアプリの使いやすさが秀逸です。

6年連続取引高世界1位と言う実績を誇り、信頼性も高く安心して利用できる FX 会社です。

平日24時間のサポート体制など、初めて FX を行うかにとっても優しい作りになっています。

DMM FX

DMM FXは口座開設国内一位です。

幅広いトレーダーに指示されておりスプレッドも狭く、取引ツールも充実しています。

もちろん24時間の電話サポート対応も親切丁寧で、初心者にとっても安心です。

スイングトレードするならやっぱりスワップポイント!

FXのスイングトレードは高水準のスワップポイントが大事
YJFX!

YJFX!はリスクを抑えて少額から始めたい人にはぴったりです。

スマホアプリも使いやすく、高水準のスワップポイントが特徴です。

Yahoo グループであるという安心感もありますよね。

みんなのFX

みんなのFXは高水準のスワップポイントに加え、高金利通貨であるトルコリラ/円メキシコペソ/円の取り扱いがあります。

スワップポイント重視で選ぶならオススメのFX会社です。

初心者がスイングトレードで注意すべき3つの点

初心者がスイングトレードを行う上で注意すべき点は、下記の3つです。

ストップ・リミットに達するまで待つこと

FXのスイングトレードで重要なのはとにかく待つこと一旦ポジションを持ったら、ストップもしくはリミットに達するまで待つようにしましょう。

スイングトレードでは、とにかく待つことが大事になってきます。

ニュースやトレーダーのTwitterなどに惑わされないようにしてください。

ストップをしっかり入れて、がっちりホールドしましょう。

トレンドに乗り遅れたら次のチャンスを狙う

FXのスイングトレードでは乗り遅れた波には乗らないスイングトレードはチャートのチェックの回数も少ないので、リアルタイムに動きを追いかけられないという特徴があります。

しかし相場は常に動き続けるものです。

チャートを確認したときにトレンドが発生していて、乗り遅れてしまったということも結構あります。

しかしそんなときは、慌てて遅れた波に乗ってはいけません。

スイングトレードでは、感情に流されないということも大切です。

ですからトレンドに乗り遅れたとしても、落ち着いて次のチャンスまで待ちましょう。

レバレッジをかけすぎず、証拠金に余裕を持たせること

FXのスイングトレードでは証拠金に余裕を持たせよう

レバレッジを高く設定し、証拠金ギリギリの取引をしているとすぐにロスカットされてしまいます。

初心者の人は、なるべくレバレッジを1~3倍に押さえておきましょう。

その上で証拠金に余裕を持たせることが、心の余裕にもつながります。

スキャルピングやデイトレードよりも損切り幅が大きく、ロスカットリスクもあるということを考えておいてくださいね。

無理な取引は絶対にしないように、堅実な取引を心がけるのが大事だね!
根拠のない取引は大損の元ということを覚えておいてね。

大切なお金を投資するのだから、無駄にしないようにゆっくりFXに慣れていきましょう。

5分で理解ロスカットの仕組み!FXの勝ち組が実践する資金管理

2018.05.21

レバレッジとは?意味を知らずにFXをすると破産のリスクもある?

2018.02.08

スイングトレード以外のトレードスタイル

FXには、スイングトレードの他にも3つのトレードスタイルがあります。

ここまでこの記事を読んで、「スイングトレードが自分には向いていないかもしれない」と判断し、FXを諦めてしまうのはまだ早いですよ!

是非あなたに合ったトレードスタイルを見つけてください。

デイトレード

FXのスイングトレードよりも取引回数が多いデイトレード1日の値動きの中で利益を狙っていくトレードスタイルです。

1日の中での取引回数は数回、狙える利益は10pips~100pipsほどです。

ポジションを翌日に持ち越さないため、ポジション持ち越し時の精神的負担がありません。

FXのトレードスタイルの中では、最もポピュラーなスタイルです。

【1回5分のデイトレード】兼業なら16時以降の仕事後が勝負!

2018.07.19

スキャルピング

FXのスイングトレードより利益が早く積み上がるスキャルピングデイトレードよりも、さらに取引期間が短いトレードスタイルです。

取引時間は数秒~数分という超短期売買で、1日に何回も取引をして利益を積み上げていきます。

狙える利益が1pips~10pipsと、トレードスタイルの中で一番小さいですが、その分利益が積み上がるスピードは一番早いです。

【秒】で稼ぐスキャルピング!レバレッジ25倍で最速利益を狙え

2018.07.20

長期トレード

FXのスイングトレードの延長のような長期トレードスイングトレードの延長のようなトレードスタイルで、1回の取引に数ヶ月以上の期間を要します。

狙える利益は500pips~1500pipsで、FXのトレードスタイルの中では最も大きな利益を狙うことができます。

スイングトレード同様、チャートに張り付いている必要もないため、のんびりと資産運用がしたい方にもオススメです。

スイングトレードのまとめ

  • FXのスイングトレードでのんびりFXを楽しもうスイングトレードは数日~数週間かけて取引を行う
  • 1回の取引で大きな利益を狙える
  • スワップ運用もスイングトレードのひとつ
  • パソコンに張り付く必要がなく、のんびり投資できる
  • 取引回数が少ない分チャンスも少ない
  • 損切り幅が大きい
  • ポジションを長い期間保有するため精神的負担がある
  • トレンドに乗った取引が基本
  • 損切りルールは厳守すること
  • 精神的な強さが求められる
  • 経済指標の発表時は要注意
  • オススメのFX会社はGMOクリック証券DMM FXYJFX!みんなのFX
  • とにかく待つことが大切

今回はスイングトレードについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

チャートに張り付いている必要もなく、のんびりと運用ができるため、会社員や主婦の方などにもオススメの方法となっています。

大きな利益を狙える文、損切り幅も大きくなるため、リスク管理は非常に重要です。

しかし自分の得意な勝ちパターンを見つけ、それに従い淡々と取引ができるようになれば、勝ち組トレーダーの 仲間入りができます。

一度に大きく稼ぎたい人や、普段は忙しくてなかなかFXに時間を割けない人は、スイングトレードを検討してみてはいかがでしょうか。

ぜひこの記事をあなたの投資活動の参考にしてみてくださいね。

あなたの資産運用が成功することを心より願っております。