手数料は外貨預金の1/666!FXでコストを上手く抑える方法

更新日:

FXにかかる手数料は?

FXでは手数料が発生する?

FXではどんな手数料がかかるの?

FXを始めようとする際、気になるのは手数料ですよね。

手数料はFX会社によって違いますし、高ければ高いほど利益を圧迫してしまいます。

ですから効率よく資産運用をするためにも、なるべく手数料は安く抑えておきたいところです。

実は、取引の際にかかる手数料は無料としているFX会社がほとんどなんです。

しかしその代わりにスプレッドがあり、これがFX会社にとっての利益となる部分です。

またロスカット時や入出金をするときにも手数料がかかる場合もあります。

今回はFXを行う際にかかる手数料やスプレッドについて、詳しく紹介していきます。

コストを抑えてFXが行えるよう、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

FXの取引コストは手数料とスプレッド

FXでかかるコストは手数料とスプレッドFXでかかるコストには、手数料スプレッドの2種類があります。

この手数料とスプレッドは各FX会社によって違います。

なるべくコストを抑えてFXを行うためにも、FX会社選びは重要です。

手数料とは

取引手数料は無料が基本

手数料とは取引一回に対しての、費用や口座維持、入出金にかかる費用のことです。

ただし現在では、多くのFX会社が取引手数料を無料としています。

以前までは取引単位である「一枚に対していくら」といった形で手数料がかかりました。

例えば一枚あたり100円の手数料の場合は、3枚買うと300円の手数料がかかるということです。

ところが現在は取引手数料が無料の場合がほとんどで、 取引の際にかかるコストはスプレッドのみとなっています。

しかしロスカットの場合や電話注文などの場合には、手数料がかかることもあります。

スプレッドとは

スプレッドが実質的な手数料

スプレッドとは売値と買値のさのことです。

例えば米ドル円の売りが118.055円で、買いが118.058円だとすると、0.003円の差額がありますよね。

この差額のことをスプレッドと呼び、FXでの取引はこのスプレッドが実質的な手数料となっています。

取引をする際の手数料は、スプレッドのみということね。

でもFXには他にも手数料の種類があるのよね。

そうそう。

確かに取引するときにはスプレッドだけがコストになるけど、取引以外でもコストがかかる場合があるのよね。

[kanren postid="780"]

スプレッドだけじゃない?FXでかかる4つの手数料

  1. 手数料には4つの種類がある取引手数料
  2. FX 口座管理手数料
  3. ロスカット手数料
  4. 入出金手数料

FXを行うにあたり、かかる手数料は上記の4つのものがあります。

またこれらの手数料は一律ではなく、FX会社ごとに定められています。

無駄な手数料払わず、 コストを抑えた取引をするためにも、 FX会社選びは是非慎重に行ってください。

取引手数料とは

FXで新規購入・決済にかかる手数料

取引手数料とは新規購入・決済のときにかかる費用のことです。

この手数料はFX会社によって、また取引数量によって変わってくる場合もあります。

例えば1万通貨以上の取引だと手数料が無料なのに、1万通貨の取引だと、10円の手数料がかかるというように設定されているところもあります。

ただし先述したように、現在では取引手数料を無料としているFX会社がほとんどですので、スプレッドがこれにあたります。

FX会社の取引手数料比較

FX会社新規購入 手数料決済 手数料
DMM FX0円0円
YJFX!0円0円
GMOクリック証券0円0円
外為オンラインiサイクル注文・サイクル取引のみ1,000あたり 20円(その他0円)iサイクル注文・サイクル取引のみ1,000あたり 20円(その他0円)
インヴァスト証券【マニュアル注文】
0円
【オートパイロット注文1,000通貨あたり】
1万通貨未満 20円
1万~10万通貨 10円
10万通貨~50万通貨 5円
50万通貨以上 0円
【マニュアル注文】
0円
【オートパイロット注文1,000通貨あたり】
1万通貨未満 20円
1万~10万通貨 10円
10万通貨~50万通貨 5円
50万通貨以上 0円
マネックスFX10,000通貨未満30円10,000通貨未満30円
みんなのFX0円0円
ヒロセ通商0円0円
SBI FX0円0円
マネーパートナーズ0円0円
特に取引回数が多いトレーダーにとっては、スプレッドはかなり重要よね。
取引回数が多いのに、スプレッドが広いFX会社を利用すると、最終的なコストが大きくなってしまうわ。

FX口座維持手数料とは

FX口座維持にかかる手数料

口座維持手数料とは、FX口座の維持にかかる費用のことです。

一定期間取引が行われていない口座に対し、FX会社が取引促進をするため、この手数料を設定しているケースがありました。

ところがこの口座維持手数料も、現在国内のFX会社はほとんどが無料となっています。

FX会社の口座維持手数料比較

FX会社口座維持 手数料
DMM FX0円
YJFX!0円
GMOクリック証券0円
外為オンライン0円
インヴァスト証券0円
マネックスFX0円
みんなのFX0円
ヒロセ通商0円
SBI FX0円
マネーパートナーズ0円
基本的に口座の維持にかかる手数料は心配しなくて良さそうね!
上記以外のFX会社を利用している場合、口座維持費が必要で今後使う予定がないのなら、解約してしまった方が良いわよ!

ロスカット手数料とは

FXでロスカットにかかる手数料

ロスカット手数料とは、 ロスカットされる際、FX会社に徴収される費用のことです。

ロスカットとは証拠金維持率が一定の水準を下回った際に、証拠金以上の損失を出さないために強制決済される仕組みです。

こちらも無料のところがほとんどですが、まれにロスカット手数料がかかるFX会社もあります。

ただでさえロスカットで損失をするのに、手数料まで取られてしまっては痛手ですよね。

そのためロスカットされる際に手数料が発生するのかどうか、詳しくチェックしてからFX会社を選びましょう。

FX会社のロスカット手数料比較

FX会社ロスカット 手数料
DMM FX0円
YJFX!0円
GMOクリック証券1万通貨あたり500円
外為オンライン0円
インヴァスト証券記載なし
マネックスFX記載なし
みんなのFX0円
ヒロセ通商0円
SBI FX0円
マネーパートナーズ記載なし
ロスカットされるときに手数料まで取られちゃったらショックだなぁ。

ロスカットで損をするのは確定なんだから勘弁してほしいわね・・・。

もちろんロスカットされない水準で取引することが、一番大切!

でも、もしものときを考えて、ロスカット手数料は無料のところを選ぶと良いわね。

[kanren postid="821"]

入出金手数料とは

FX口座の入出金にかかる手数料

入出金手数料とは、FX口座への入金と出金の際にかかる費用です。

皆さんも銀行のATMはよく使われるかと思いますが、 その際にも時間によっては振込、引き下ろしの際に手数料がかかりますよね。

FXでも最初にFX専用の口座を開設する必要があり、実際に取引で得られた利益を下ろすときや、証拠金を追加で振り込むときなどに手数料がかかることがあります。

またFX会社によってはクイック入金というシステムがあります。

これは利用しているFX会社が提携している金融機関で、インターネットバンクを契約している方なら誰でも利用が可能です。

クイック入金では入金手数料が無料となります。

通常の振込だと手数料がかかる場合がほとんどですので、クイック入金を利用した方がコストを抑えることができます。

入出金手数料比較

FX会社振込入金 手数料クイック入金 手数料出金 手数料
DMM FX顧客負担無料無料
YJFX!顧客負担無料無料(ただし、外貨の出金は依頼1回につき1,500円。)
GMOクリック証券顧客負担無料無料
外為オンライン顧客負担無料無料
インヴァスト証券顧客負担無料無料
マネックスFX顧客負担無料無料(ただし、米ドル・ユーロの出金は一律2,000円。)
みんなのFX顧客負担無料無料
ヒロセ通商顧客負担無料無料
SBI FX顧客負担無料無料
マネーパートナーズ顧客負担無料円貨の出金は月5回まで無料。

月6回目以降は1回あたり400円。

外貨の出金は1回あたり2,500円。(ただし、1回の出金において同一通貨で2万通貨以上の依頼の場合は無料。)

クイック入金以外では、基本的に手数料がかかると思っておいた方が良いわよね。
毎回手数料を払っていると馬鹿にならないから、なるべくクイック入金を利用することをオススメするわ!

スプレッドの仕組み

スプレッドはFXの実質的な手数料

冒頭でも紹介したように、FXではスプレッドが実質的な手数料となります。

FX会社はこのスプレッドによって儲けを得ているということです。

例えば米ドル円で取引しようとする場合、米ドルの買いと売りのレートを確認します。

そうすると両者の間には開きがあることが分かるかと思います。

実はこのレートには、約0.3銭~1銭が上乗せされた数値で公開されています。

この上乗せされた部分が、FX会社 が儲けとして取りたい部分なのです。

このスプレッドはFXで取引をする上で、必ずついて回るものです。

ですのでよりコストを抑えた取引をしたい場合は、このスプレッドが「いかに狭いところを選ぶか」ということが重要です。

スプレッドが狭いところを選ぶというのは、FX会社を判断するときの基本ね!

国内のFX会社はスプレッド競争が激しく、どこも狭い水準で提供しているわよ。

米ドル円のスプレッドを調べておくのは基本だけど、その他の通貨ペアや自分の取引したい通貨ペアも比較するようにしましょう!

外貨預金よりもはるかに手数料が安いFX

外貨預金よりもFXの方が遥かに手数料が安い

外貨預金の手数料と比べると、FXのスプレッドは圧倒的に安いです。

例えば銀行の外貨預金でも売値と買値に差がありますが、その値幅が1円で設定しているところがほとんどです。

円を外貨に両替するときのレートでプラス1円。

外貨を円に両替するときのレートでマイナス1円。

米ドル円を取引する場合ですと、往復で2円の手数料がかかることになります。

FXは外貨預金の666倍も手数料が安い

FXは外貨預金の666倍以上も手数料が安いしかしFXの場合、業界最狭水準のスプレッドを提供しているFX会社では、 米ドル円のスプレッドは0.3銭です。

FXの場合このスプレッド0.3銭というのは、 往復分の値で提示しています。

つまり外貨預金の666倍以上も手数料が安いということです。

どんなにスプレッドが高いFX会社であっても、往復1銭程度が相場です。

それでも外貨預金の200倍も安く済むということなので、FXの方が遥かにお得だということが分かりますね。

そのため銀行の外貨預金からFXに切り替える人も多くいます。

外貨預金からFXに乗り換える人が多いのも頷けるわね!
FXの方が利回りも良く平日24時間取引できるし、外貨預金よりメリットが多いのは確実!

取引する際の注意点:スプレッドは変動する?

FXの実質的な手数料スプレッドは変動するFXのスプレッドは完全に固定されているわけではありません。

例えば米ドル円のスプレッドが0.3銭と提示されているとします。

しかし実際に取引してみると、「0.3銭だったスプレッドが0.5銭に広がっていた」ということもあるのです。

原則固定としている場合でも、時間帯やイベントのときなどに変動しやすいという特徴があります。

流動性の低い時間帯

流動性が低いとスプレッドが広がりやすい

流動性とは取引量のことです。

つまり流動性が低いとは、 取引量が少ないということです。

流動性が高い時間帯では、 価格が安定しやすくスプレッドが広がりにくいです。

しかし流動性が低い時間帯は、取引量の減少とともに価格も不安定になり、スプレッドが広がりやすくなります。

日本時間だと、 朝6時から7時前後の時間帯にスプレッドが広がりやすいです。

なぜかというとニューヨーク市場のクローズ、ウェリントン市場のオープン、スワップポイントの支払い・受け取りが発生するためです。

重要な経済指標発表時

経済指標発表時もスプレッドが広がりやすい

重要な経済指標発表のときにもスプレッドが広がりやすくなります。

経済指標発表時はFXの取引契機になることが多く、ポジション決済や反転、新規ポジションを立てるといったことが世界中で起こります。

そのため新規注文と決済注文が入り乱れて、為替レートが不安定になりやすくなります。

その結果スプレッドも大きく広がる可能性が高くなってしまうんですね。

FXで最も重要な経済指標といえばアメリカの雇用統計です。

アメリカの雇用統計発表前には流動性が著しく低下し、 スプレッドが広がりやすくなります。

自然災害の時

自然災害時もスプレッドが広がりやすい地震や津波竜巻などの自然災害時も相場が急変することがあります。

自然災害や天変地異が起こるときも流動性が低くなり、 スプレッドが広がる可能性があります。

スプレッドが大きく広がるような災害が起こることはめったにありませんが、万が一の時に備えておくことは非常に大切です。

時間帯やタイミングが重要なのね。

基本的には流動性の高いときなら、スプレッドは広がりにくいということね。

どうしても流動性が低いときに取引したいときは、スプレッドの広がりに十分注意しましょう。

スプレッド幅でFX会社を比較

手数料を上手く抑えるには?スプレッドは低いほど良い

FXでは手数料の積み重ねに注目

スプレッドは各FX会社が自由にその値を決めています。

例えば米ドル円の場合、0.3銭で設定しているところが多く、 非常に小さな値に思えますよね。

スプレッドが1銭だったとしても、外貨預金よりははるかに安いですし、「気にしなくてもいいのでは」と思う方もいるかもしれません。

しかしこのスプレッドは積み重ねれば大きくなっていきます。

スプレッド1銭のFX会社の場合

スプレッド1銭の場合FXでの手数料は100円米ドル円のスプレッドを1銭で設定しているFX会社で取引した場合をシミュレーションしてみましょう。

FXではある程度まとまった数量で取引します。

今回は1万通貨で取引した場合の例を解説していきます。

スプレッド1銭×1万通貨=100円

スプレッド1銭の場合、1万通貨を取引する場合が100円のコストがかかるということです。

スプレッド0.3銭のFX会社の場合

スプレッド0.3銭の場合FXの手数料は30円ではスプレッド0.3銭に設定しているFX会社で、同じく1万通貨取引した場合はいくらになるでしょうか。

スプレッド0.3銭×1万通貨=30円

この場合1万通貨取引してもたったの30円のコストしかかかりません。

もちろんFXを行う以上、たった1回トレードしただけでやめてしまう方は少ないかと思います。

1回1回トレードする事に100円のコストがかかるのと、 30円のコストがかかるのでは、最終的な出費が大きく変わってきますよね。

1年間スプレッドが安い会社と高い会社で取引すると差は歴然

1年後の手数料の差が凄い

前項の例で1年間取引するといったいどれくらいの差になるでしょうか。

0.3銭でスプレッド設定しているFX会社と、1銭で設定しているFX会社を比較した場合、1万通貨の取引だと70円の差があります。

10万通貨を1日10回取引する、一般的なデイトレーダーの例で考えてみます。

毎日取引した比較をすると1年間で255万円、3日に一回取引したとすると85万円もの差額になります。

そのためいかにスプレッドの狭さが重要だということが、お分かりいただけたかと思います。

いくら小さな額でも、積み重ねたときにすごく大きくなるのね。

お金を効率よく運用するためにも、スプレッドの狭さは重要!

取引数量や取引回数が増えれば増えるほど、スプレッドの差が実感できるわね。

スプレッド0銭?そこには落とし穴が・・・

スプレッド0銭のFX会社は他で手数料を徴収している各FX会社によるスプレッド競争も激しくなっています。

米ドル円の0.3銭はもはや基準となるほど、当たり前の数値になってきています。

そんな中スプレッドを0銭とするFX会社も現れてきました。

スプレッドはFX会社にとっての利益となる部分なのに、0銭なんて本当にありえるのでしょうか。

実はスプレッド0銭としているFX会社は、別のところで手数料を徴収していることが多いです。

スワップポイントの一部を徴収

スワップポイントから手数料を徴収しているFX会社もある

スプレッドの代わりに、スワップポイントの一部を回収して儲けに当てている場合があります。

一部を設けに当てると、他のFX会社と比べてスワップポイントが低くなってしまいます。

しかしスプレッドを気にする人は短期トレーダーが多いため、スワップポイントを狙った中長期投資をする人は少ないんです。

そのため他社と比べてスワップポイントが多少低くても、 さほど目立たないんですね。

強制ロスカットで手数料が徴収される

ロスカットの際手数料を徴収しているFX会社もある

先ほども紹介しましたが、ロスカットの際に手数料を徴収するFX会社もあります。

そのためいくらスプレッドが0銭だからといって、何も下調べをせずに利用してしまうことは危険です。

実際に使ってからロスカットをされて、差し引かれる手数料に違和感を感じても遅いです。

徴収されてしまった以上は返ってくることはありません。

うまい話には裏があるといいますが、スプレッド0銭を目にすることがあったときは、そのFX会社のサービス内容を詳しく調べておくべきです。

FX会社も商売だから、どこかから利益になる部分を設けていないといけないものね。

スプレッド0銭だからといって、すぐに飛びつくのはダメよ!

各社のホームページで確認しておきましょう。

記載が見つからなった場合は、直接問い合わせてみるのも良いわよ!

重要なのはスプレッドが狭く原則固定であること

FXの手数料を上手く抑えるには

FX会社を選ぶ際は、スプレッドが狭く原則固定で提示しているところ利用するようにしましょう。

スプレッドが狭いというだけでは不安です。

というのも変動性のスプレッドは、 一時的には原則固定のスプレッドよりも狭く提示されることがありますが、その分変動幅も大きいという特徴があります。

初心者の方にとってはその変動を見極めて取引するということは、非常に難しいと言えます。

原則固定だったら、基本的には提示されているスプレッドで取引ができます。

そのためリスクを避けるためにも原則固定かつスプレッドが狭いということが重要なのです。

スプレッドが狭く原則固定でおすすめのFX会社

初心者でも安心して利用できるFX会社

スプレッド・コスト
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドルその他 手数料
0.3銭

原則固定

0.5銭

原則固定

1銭

原則固定

0.7銭

原則固定

0.4pips

原則固定

通常振込
DMMFX
スプレッド・コスト
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドルその他 手数料
0.3銭

原則固定

0.5銭

原則固定

1銭

原則固定

0.7銭

原則固定

0.4pips

原則固定

通常振込

外貨出金:1,500円

YJFX
スプレッド・コスト
米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドルその他 手数料
0.3銭

原則固定

0.5銭

原則固定

1銭

原則固定

0.7銭

原則固定

0.4pips

原則固定

通常振込

ロスカット:1万通貨あたり500円

GMOクリック証券

上記3社は原則固定スプレッドで、業界最狭水準で提供しています。

3社とも人気が高く信頼性もあるFX会社ですので、初心者にとっても安心して利用できます。

もしFX会社選びに迷った際は参考にしてみてください。

FXの手数料 まとめ

  • 手数料を抑えて効率よくFXを行おうFXではスプレッドと手数料がかかる
  • 手数料には4つの種類がある
  • 口座維持・取引・ロスカット手数料は無料の場合がほとんど
  • 外貨預金よりもFXの方が手数料が安い
  • スプレッドは変動することがある
  • スプレッドは狭いほど良い
  • スプレッド0銭の業者は別に手数料を徴収している
  • スプレッドは狭く原則固定であることが大事

今回はFXの手数料について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

現在では取引・口座維持・ロスカットの手数料を無料としているところが多く、実際にかかるコストはスプレッドと通常振込手数料のみの場合がほとんどです。

振込に関しても、クイック入金を利用すれば手数料が無料になるため、絶対にかかるコストと言えばスプレッドだけだと言えます。

お金を増やすための投資活動なので、なるべくよけいな出費をせず、効率的に行いたいですよね。

手数料を最小限に抑えて取引するためにも、この記事を参考にしていただければと思います。

あなたのFX活動が充実したものになるよう、心から願っております。

初心者向き!デイトレ向き!低コスト中長期売買でスワップ収入自動売買でプロのようにFX
外為オンラインdmmfxYJFX!外為オンライン

オススメFX会社

低コスト!ヤフーグループのFX会社「YJFX!」

YJFX!
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
YJFX

ヤフーグループのFX専門会社!業界トップを狙うYJFX!

低スプレッド業者では、提供の少ない通常の1/10の1000通貨(4,000円)取引ができ、低資金でFXを始めることができます。

スマートフォンアプリが有名で、「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめのFX会社です。

長期運用に最も適したFX会社で、貰える利息(スワップ)が業界最高水準です。

外貨預金代わりの長期運用をするならYJFX!は必須です。

隠れた優良サービスである現受け・現渡しにより格安で外貨に両替する事も可能。

海外旅行の前に外貨両替するとお得です。空港と比較すると約98%OFFの手数料で両替できます。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

*円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

話題の自動売買!利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

自動売買で楽して稼ぐ? 初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック詳 細
外為オンライン

外為オンラインは初心者に人気のFX会社で特に無料のセミナーが充実しています。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

-FX基礎

Copyright© 【FXの歩き方】 初心者でも稼げるFX攻略法 , 2018 All Rights Reserved.