逆指値注文

逆指値注文

逆指値注文

逆指値注文指値注文は「この価格より安くなったら買う」「この価格より高くなったら売る」という注文方法です。

この「逆指値注文」は文字どおり、指値注文の逆。

つまり「この価格より高くなったら買う」「この価格より安くなったら売る」というものです。

なぜ、今より価格が上がったら買い、下がったら売るという、一見、損をするような注文方法があるのでしょうか。

それも、為替相場は一方向に動き始めたら、しばらくはそのトレンドがつづくという傾向があるからです。

高くなったらそのトレンドにのり、安くなったら利益確定・損切りを確定させるのです。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。