金利が上がれば通貨は上昇傾向

FX 円の強弱

金利が上がると一般に通貨もあがる

FX 通貨変動「金利を引き上げる・引き下げる」という金利政策は、政府が行っています。

景気が悪くなれば、市中に出回るお金の量が減ります。

そこで金利を下げることによって、市中に出回るお金の量を増やし、景気刺激策とします。好景気がつづくと、消費や投資に過熱感が出てインフレ懸念が生じます。

そのため金利の「引き上げ」を行うことによって、市中に出回るお金の量を減らしてインフレ懸念を抑え込みます。

金利が上がるとどうなるか。

 

金利が低いA国からすれば、金利が高いB国は投資先として魅力になります。

B国の銀行に預金すれば高い利息が得られるからです。その為金利が高いB国の通貨の価格が上昇するのです。

 

金利が高いと利息も魅力的

FX 通貨変動既出のとおり、金利の「高い」「低い」は2国間の相対的な関係によります。

金利がより高い国に通貨は流がちになります。

スワップポイントも金利が低い通貨を売って、金利が高い通貨を買えば、その金利差分だけの利息がつきます。

金利がより高い国の通貨が買われやすい理由がそこにあるからです。

78 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。