レバレッジとは?

レバレッジとは

レバレッジとは

FXでは証拠金(投資金額)の25倍の大きな投資をすることが可能です。

レバレッジとは日本語で「テコ」を意味し、「小さい金額で大きな投資」をする為の仕組みです。

例えば、FXなら10万円で250万円の取引をすることができます。

少ない資金でも大きな投資ができ、大きな利益を狙えるのがFXのレバレッジの仕組みです。

これがFXの魅力であり、大人気の秘密です。

レバレッジを使った取引例

レバレッジとは例えば1ドル100円の時に1万ドルを購入し、それが101円に上がった時に売却すれば1万円の儲けです。

これをレバレッジ25倍で取引をしていた場合、投資資金は同じなのに利益は25倍の25万円になります。

1日で2円動く時もあるので、その時は50万円の利益です。

このようにレバレッジを使えばFXは少額でも大きな利益を上げることができます。

ただ、逆に相場が動いた場合は早目に売却をして、損失を少なくしないと大損するリスクもあります。

ニュースやFX会社のサイトでしっかりと情報収集をすれば、勝率を上げることができます。

レバレッジと上手な付き合い方

レバレッジとはまずは少額でFXをすることが大事です。

初心者の時はできるだけレバレッジを低くして取引をしましょう。

1~3倍が初心者にはお勧めです。

慣れてきたら徐々にレバレッジを上げて高い利益を狙いましょう。

ポイントは上げ相場・下げ相場の方向性がはっきりしている時だけ取引をすることです。

経済指標発表時のように相場の方向性がはっきりしている時がチャンスです。

この時はレバレッジを少し上げて多めの利益を狙いましょう。

それ以外は逆に取引をしないぐらいの心構えでFXをすると上手くいきやすいです。

適正レバレッジは何倍?

  • レバレッジとは初心者:1~3倍
  • デイトレ:5~20倍
  • スワップ狙いの長期売買:2~3倍

取引スタイルによっても適正なレバレッジは変わってきます。

まずは少額・低レバレッジで取引をしてみましょう。

少額・低レバレッジなら損をしても少額で済みます。

1000通貨(通常の1/10の通貨数)で取引ができるFX会社なら約4千円でFXができるので、損をしても少額です。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。