MACDとは?トレンド発生時に大きく稼げる?

macdとは?

MACDとは?

MACDとは?

MACDは移動平均線を応用したテクニカルです。

通常使っている単純移動平均線(SMA)ではなく指数平滑移動平均線(EMA)の短期線と中期線の平均値を使って分析をします。

また、MACDとともに表示されるシグナルはMACDの単純移動平均線です。MACDとシグナルの位置関係と0%ラインの上下の位置が大切です。

MACDを使っての売買シグナル

MACDを使っての売買シグナル

MACDでの基本的な売買シグナルは

MACDがゼロより下で、シグナルを下から上へ突き抜けた時は買い

MACDがゼロより上で、シグナルを上から下に突き抜けた時は売り

また、MACDはゼロ付近はレジスタンスにもサポートにもなり、プラス園で強気相場、マイナス園で弱気相場となります。

MACDとシグナルがゼロより上か下かも重要!

2本線ともゼロから上に向かえば上昇トレンド、下なら下降トレンド。

MACDとシグナルのかい離にも注目しておくとより安全です。MACDはシグナルに近づいていく法則があるので、かい離が大きくなったら利益確定をしましょう!

MACD計算式

MACD計算式n日間の指数平滑移動平均=Y+α(X-Y)

X=当日終値

Y=前日の指数平滑移動平均

α=2÷(n+1)…αのことを平滑化定数といいます。
*第一日目の平均値は単純平均値を使用します。

MACDの5原則

  1. MACDの5原則MACDがシグナルを上抜けたら買い
  2. MACDがシグナルを下抜けたら売り
  3. MACDとシグナルが0より上なら上昇トレンド、0より下なら下降トレンド
  4. MACDとシグナルがかい離して反転したら利益確定
  5. MACDとシグナルの位置とクロスを確認してトレードをする

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX yjfx 外為オンライン