マージンコールとは?

マージンコールとはマージンコールとは、証拠金(FX会社に入金してある資金)の損失が50%以上(含み損)になった時に知らせてくれる便利な機能です。

FX会社毎に若干の違いはありますが、損失が50%以上でメールと取引画面で知らせてくれます。

マージンコールがあるおかげで、損失が拡大するのをある程度防ぐことができます。ロスカットを避ける為にも早目の損切りが重要です。

10万円の場合のマージンコールの例

マージンコールとは

マージンコールの対処法

基本的には4つの方法があります。

マージンコールとは

①証拠金を追加で入れて、含み損の率を下げる

②ポジションの一部を決済し、含み損を減らす

③レバレッジを少なくして証拠金維持率を上げる

④相場が好転して、含み損が減るのを待って自然と証拠金維持率が上がるのを待つ

マージンコールが来たと言う事はロスカット(強制決済)の危険性が高いので一旦ポジションを決済し、損切りをしてしまう事をお勧めします。

信号でいうと黄色なので赤信号になる前に車を止めることと一緒です。

黄色で止めれば損失は少なくて済みますが、赤色まで行ってしまうと証拠金が全て無くなる可能性が高いです。

ロスカットになると基本的に証拠金のほとんどが残りません。

FXで大損しない為にも早目の損切りが必要です。

下記のFX会社はマージンコールもロスカットもある大手なので安心です。

65 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。