「ローソクの足」の読み方

FX 取引

記号に秘められた「4つの価格」

チャートにもいろいろな種類があります。

為替の動きを、単純に折れ線グラフにしたチャートもありますが、FXや株式投資でおもに使用されるのが「ローソク足」と呼ばれるものです。

1日や1時間といった一定期間内の為替の動きを1つの記号であらわします。

この記号が、「ローソク」の形に似ているので、こう呼ばれています。

ローソク足は、通貨の「始値(寄り付き)」「高値」「安値」「終値(引け値)」の4つの価格を示します。

1時間ごとのローソク足を「1時間足」、1日ごとのローソク足を「日足」と呼びます。

これらは投資スタイルによって使い分けます。

投資スタイルに合ったローソク足を使う

スキャンピングという超短期売買なら、それこそ「1分足」「5分足」といったチャート、あるいは「テイック・チャート」というリアルタイムで価格を表示する「折れ線グラフ」を使用します。

デイトレードなら「1時間足」や「日足」、スイングトレードなら「日足」のほか「5日足」や「週足」といったチャートを使います。

超短期売買に、「週足」や「月足」といったチャートはあまり意味をなしません。

ただし、トレンドを確認する為には必要になってきます。

59 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。