スワップポイント

スワップポイントとは

スワップポイント(金利)は、「金利差調整分」とも呼ばれています。

スワップポイントとは2国間の金利差から得られる利益を意味します。

日本のような低金利国の通貨を売って、南アフリカ・ランドのような金利の高い通貨を買うと、その金利差分の利子が得られるわけです。

例えば、日本円の金利が0.1%で、南アフリカ・ランドの金利が6.0%だと、日本円を売って、ランドを買うと、差額の5.9%の金利がもらえるわけです。

スワップポイントは、少額でも毎日受け取れます。ただし、ポジションが日付をまたいだ取引のケースで発生します。但し、逆の場合は支払うこともありますので注意が必要です。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。