通貨には売値と買値がある

FX 取引

注文方法を知っておく

FX 取引画面実際に取引を行う前に、取引画面の見方について知っておかなければなりません。

現在の為替レートや過去の通貨の動きを(チャート)の見方など、表示してある項目を覚えておくことが必要です。

また、通貨の価格には「売値(Ask)と「買値(Bid)」の2つが表示されます。

この売値と買値の差を「スプレッド」といいます。

売値が買値を上回っていますが、この差額が、取引業者が受け取る分(取引コスト)になります。

スプレッドは取引業者によって異なるので注意してください。

投資スタイルを考慮する

FX 取引画面投資スタイルを考慮する取引画面で重要なのが、取引の仕方です。

FXには「指値注文」「成行注文」といった基本的な注文方法のほかに、「逆指値」や「IFD」「ODO」「IFO」といった注文方法もあります。

さらに取引業者によっては、便利な取引システムを設定しているところもあります。

自分の投資スタイルにマッチした取引方法を見つけましょう。投資家のライフスタイルによっても状況は変わります。

ずっとパソコンの画面に張り付いていられる投資家と限られた時間しか売買できない投資家で状況は異なります。

ポイント 取引業者によってスプレッドは変わる?

FXの取引コストには、取引業者に入る取引手数料とスプレッドがある。多くの取引業者が取引手数料を無料にしているので、スプレッドが実質的な取引コストとなる。取引業者ごとにスプレッドは異なるので確認しましょう。

87 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。