「円高」「円安」ってなに?

FX メリット

為替レートは経済状況によって動く

FX 円高円安とはFXは、異なる二国間の通過を交換します。交換する比率(為替レート)はたいてい、「為替変動相場制」となっており、絶えず変化しています。

例えば1ドルが110円のときもあれば、120円のときもあります。これは各国の経済状況によって変動します。一般に、その国の経済状況がよくなればその国の通貨は高くなり、悪くなれば安くなる傾向にあります。日本は1973年に、それまでの「固定相場制」から「変動相場制」に移行しました。

それ以降、円の価格・ドルの価格はつねに変動しています。日本円の価値が下がれば「円安」、価値が上がれば「円高」ということになります。

「円高」と「円安」のしくみ

FX 円高円安とは日本円の価値が下がれば「円安」、価値が上がれば「円高」ということになります。

仕組みとしては、1ドルが110円から120円になった場合、円の数値が大きくなったから「円高」と思われるかも知れませんがこれは「円安」であって、1ドルが110円から120円に値上がりしたのでドル高になります。

つまりドルの価値が上がったことで相対的に円の価値が下がったという事です。

1ドル=110円の時に、アメリカで1ドルの商品を購入する場合110円で購入出来ますが、1ドル120円になったら、同じ1ドルの商品でも、120円払わなければ買えないからです。

売り手と買い手は、世界経済の情勢やニュースなどの情報をもとに売買の判断をしているので、為替レートは常に変動していますので、情報をもとにFXでは利益を出すことができます。

67 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。