陽線と陰線について知っておこう

FX 取引

ローソクの色にも意味がある

FX 陽線 陰線始値より終値が高くなった時は、「ローソク足」の太い部分「柱」といいます)は白(または赤)で記します。このローソク足をとくに「陽線」といいます。

終値が始値を下回ったとき「柱」は黒(または青)で記します。このローソク足を「陰陽」といいます。

また、始値と終値の間、つまり柱の部分から上下に線が伸びているケースがあります。

この部分をとくに「ヒゲ」といいます。陰線なら始値より高値をつけた部分、あるいは始値より安くなった部分です。

高値部分をとくに「上ヒゲ」、「安値部分を「下ヒゲ」といいます。

ローソクの形状で上昇・下降が読める?

FX 陽線 陰線ローソク足1つ1つの足型は、その形状から「大陽線」「大陰線」「小陽線」「小陰線」「十字線」に大別できます。

「大陽線」は始値から終値まで大幅に上昇したときの足型です。

逆に始値から終値まで大幅に下落したときの足型を「大陰線」といいます。

小幅な値動きのときは、それぞれ「小陽線」「小陰線」といいます。「十字線」は始値と終値が一致したケースです。

これにヒゲがどのようにつくか、あるいはその有無などで、相場の先行きも占えます。

 

66 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。